キャンペーン

2020/09/11

ガイドブック表紙当てクイズ(8/11号)正解発表♪

2020/8/11 出題の「地球の歩き方ガイドブック」表紙当てクイズ、正解の発表です♪
guidebook_m.jpg

ちなみにヒントは
"北部に位置する「ジャイプル」という町の旧市街地は城壁にぐるりと囲まれ、街並みがピンク色に統一されていることから"ピンクシティ"と呼ばれています。"


正解は地球の歩き方 ガイドブック D28 インド 2020年~2021年版でした!

応募者は462名。うち正解者は454名(正解率98%)でした。
正解者の中から抽選で1名様に、QUOカード(500円分)をお送りさせていただきます。

今回もたくさんのコメントを頂きました。その中からいくつかご紹介します。

◆インドは31歳の時に一人旅で行きました。ガンジス川に頭まで浸かったり、屋台でご飯を食べたり、現地のお兄ちゃんに声を掛けられ怪しいながらも付いて行ったら、そのまま仲良くなって地元の人しか来ないバーでビールを飲んだのもいい思い出です。タージマハルはやはり神秘的です。裏側から川沿いに見るタージマハルも絶景でした。インド、絶対また行きたいです!(30代男性)

◆白い石に細かい彫刻が施されたスゴイお墓の宮殿を目に焼き付けてきました。また行きたいと思います。(60代男性)

◆インドはとても好きで、ジャイプルを含め4回行きましたが(それぞれ別の地)、あと3回は訪ねたい所が残っています。世界観が変わります。(70代男性)

◆インドには1回旅行した事があります。ベジタリアンにはレストランで気軽に希望を言えたり、日本のカレーライスでは無い本場のカレーはスパイスで作るんので破格な値段でスパイスを買えたりと魅力いっぱいです。注意事項は、インド男性は結構フレンドリーです、しかも彫りが深くて男前な人も多いです、言い寄って来る方への対応をきちんとしないと勘違いを日本女性は与えるかも。空港内の移動で電気カートで乗せてくれるケースがあります、日本人だとお金必要と、つけ込んできます、ここはきっちりと無料でしょ、とか、報告しますよと強く態度に出ないとお金を取られます、でも、大した額では無いですが、そう言う事が日本人に対して当たり前になるのはおかしいので気をつけましょう。楽しいこと=空港で操縦機のマシーンがあるので本格的なパイロット操作が楽しめます、有料、デリー国際空港です。(40代女性)

◆ブータンに陸路から入るためインドに入りました。国境を挟んでインド側の喧騒とブータン側の静寂に、僅か数メートルの違いでこれほど街の様子が変わるものなのかと驚きました。(70代男性)

◆インドには一度だけ旅行に行ったことがあります。主に南インドをタクシー移動で巡る旅でした。南インドは比較的のんびりした雰囲気でビーチも綺麗で欧米人にも人気があるようでした。(40代女性)

◆初めての1人旅がインドでした。それからもう30年。三回いきました。エネルギッシュで刺激が多い国で20代では、無知だったのでハマりましたが、今50代になり、逆に怖くてなかなか行こう!となりません。又もっと歳をとって婆さんになったらゆっくり田舎の方をまわりたいと思ってます。いつも、地球の歩き方と一緒です!28か国周りました。リピートする国が多くて50か国目指してますが中々新しい国が増えません。(50代女性)


たくさんのご応募・コメントありがとうございました!

公式メールマガジン「地球の歩き方WEB通信」にて「表紙当てクイズ」を毎月実施中☆
その他、毎号うれしいプレゼントキャンペーンをご案内!
メールマガジンのご登録がまだの方は⇒こちらからどうぞ

What's New一覧



















































新刊情報