地球の歩き方

閉じる

ウガンダの天気&服装ナビ

12月16日 04:34 更新

ウガンダの気候

かつて、英国のチャーチルをして「アフリカの真珠」、「緑の国ウガンダ」と言わしめたこの国の美しさは、今でも健在である。ビクトリア・ナイルに豊潤な水を注ぎ込むマチソン・フォールズやいくつもの湖、自然の神秘を感じさせるルウェンゾリ山地、多くの野生生物のすむ森や大平原。これらの美しい自然と過ごしやすい風土は、イギリス人にも大いに気に入られ、第2次世界大戦中、ドイツの攻撃に耐えかね、臨時に首都をウガンダに移す案もあったほど。東アフリカでも抜きん出ていることは間違いない。
アフリカの中央部、赤道直下にある国だが、国土の大半が平均高度1200mにある。東部から南部はサバナ地帯とビクトリア湖があるため、決して高温に悩むことはない。年平均気温は23℃と過ごしやすい。しかし、国土の西側から北側に連なる山岳地帯は、天候が変わりやすく、朝夕の冷え込みも厳しい。3~5月と10~12月には雨期があり、国土の5分の1を占める湖や川の水量は増加する。
一方、北方は極度に乾燥し、砂漠地帯となり、南スーダンに続く。

カンパラの月別平均気温(折れ線グラフ)と平均降水量(棒グラフ)



検索でさがす

【STEP1】 情報を得たい都市を選択

【STEP2】 あなたが住んでいる日本の都市を選択

2都市間の比較のために使用します。現在住んでいる都市もしくは現住所に近い都市を選択してください。

 


世界の天気&服装ナビ

ウガンダを旅する