地球の歩き方

閉じる

シンガポールの天気&服装ナビ

12月14日 04:36 更新

シンガポールの気候

シンガポールは熱帯モンスーン気候に属しているため、年中高温多湿。雨季と乾季に分かれている。10月から3月の雨季は雨が多く、気温もいくらか下がる。
一方、4月から9月の乾季は雨が少なく、空気も乾燥している。特に6月から8月にかけては日差しが強い。ただし、乾季であっても1~2時間で雨がカラッとあがるスコールは頻繁にある。そのため、雨具の携帯をおすすめする。
雨季はもちろん、乾季もエアコンが強めに効いている所が多いので、ジャケットやカーディガンを用意したい。また、特に乾季は日差しが強烈なので帽子や日傘などが必要。

シンガポールと東京の気温グラフ


シンガポールと東京の降水量グラフ



検索でさがす

【STEP1】 情報を得たい都市を選択

【STEP2】 あなたが住んでいる日本の都市を選択

2都市間の比較のために使用します。現在住んでいる都市もしくは現住所に近い都市を選択してください。

 


世界の天気&服装ナビ

おすすめ現地ツアー

シンガポールを旅する