地球の歩き方

閉じる

コスタリカの天気&服装ナビ

12月14日 07:32 更新

コスタリカの気候

12~4月の乾季が観光シーズンで、旅行にはおすすめ。ただし、グリーンシーズンと呼ばれる5~11月の雨季は、ホテル代やツアー料金の割引など特典が受けられる場合もあり、観光客も少ないのでゆったり旅行ができる。
コスタリカの気候は5~11月の雨季と12~4月の乾季に分けられるが、両岸を海に挟まれ地形が変化に富んでいることから、地域によって降雨量はまったく違う。サン・ホセ周辺の高原部では6~11月の雨季にも午後スコールが降る程度で、太平洋沿岸も南部オサ半島周辺を除き降雨が少ない。しかし、カリブ海沿岸では7月と12月をピークに1年中雨が多い。
国の中央部は平均標高1000~1500mの高原地帯。首都サン・ホセをはじめ、アラフエラ、カルタゴ、エレディアなどの主要都市がこの中央盆地にあり、人口の約5割が集中している。カリブ海沿岸とパナマ国境の低地地帯は、1年中蒸し暑い。
旅の服装としてはカジュアルな夏服で十分だが、雨季には雨具が必携。

サン・ホセの年間気候表



検索でさがす

【STEP1】 情報を得たい都市を選択

【STEP2】 あなたが住んでいる日本の都市を選択

2都市間の比較のために使用します。現在住んでいる都市もしくは現住所に近い都市を選択してください。

 


世界の天気&服装ナビ

おすすめ現地ツアー

コスタリカを旅する