地球の歩き方 御朱印 御朱印でめぐる 関西の百寺 西国三十三所と古寺

地球の歩き方編集室
定価:本体1,500円+税
発行年月: 2018年06月
判型/造本:A5変並製
頁数:144
ISBN:978-4-478-82178-7

関西の名刹を西国三十三所を中心に季節の花々を楽しみながらめぐり、御朱印を頂く。お寺の由緒や御朱印に込められた意味なども解説。

以下で購入する

地球の歩き方 御朱印 御朱印でめぐる 関西の百寺 西国三十三所と古寺の内容紹介

伽藍や仏像を鑑賞しながら、季節の花やおいしい料理を楽しむお寺めぐり。ご住職に御朱印を頂きながら、お寺の由来や歴史にまつわるこぼれ話が聞けたり、ありがたいお話をうかがうこともできます。西国三十三所を中心に、御朱印の読み解き方や歴史、お寺の名物やGOODSなども紹介。関西の名刹の旅に誘う一冊です!

地球の歩き方 御朱印 御朱印でめぐる 関西の百寺 西国三十三所と古寺の詳細

本書には以下の内容が収録されています。

『地球の歩き方御朱印シリーズ』は2006年、日本ではじめて御朱印をテーマにした書籍として誕生しました。鎌倉、京都、奈良、東京、高野山、秩父などの古寺を中心とした「エリアシリーズ」、全国の知られていなかった変わった御朱印だけを集めた「凄いシリーズ」、全国版、関東版、関西版、東京版、コミックエッセイ版の「神社シリーズ」を発行してきましたが、「関西のお寺だけを集めた本はないのですか?」という読者の皆さんの声にお応えし、関西百寺の御朱印本、登場です。

もともと、お寺で納経をした時に、その証として授与していた御朱印。今では参拝の証として、気軽に頂けるようになり、最近では女性を中心に集める人が増えています。旅の基本はおいしい料理と観光、季節の花。本書ではせっかく御朱印を頂いたのに何て書いてあるのかがわからない、印の意味が知りたいという方のために御朱印の読み解き方を説明しています。また歴史、意味の解説はもちろん、その寺社の名物やGOODSエトセトラにも触れています。この一冊であなたも本当の御朱印ツウになれます!

【目次】
●ご住職からのお言葉~聖護院ご住職(京都)、善水寺ご住職(滋賀)、石薬師寺ご住職(三重)

●第一章「まずはここから! 御朱印入門」
御朱印の意味から仏像解説まで

●第二章「関西の凄い! 御朱印を頂こう!」
泉湧寺、薬師寺ほか

●第三章「西国三十三所めぐり」

●第四章「関西の名刹めぐり」
二府五県の古寺を中心に紹介


予告なく一部内容が変更される可能性もあります。予めご了承ください。

以下で購入する