トップ > 中南米 > ウルグアイ > 安全・治安

ウルグアイの安全・治安

安全とトラブル

外務省の渡航関連情報で2020年2月現在、注意喚起は出ていない。ほかの南米諸国と比べると治安がいいほうだが、近年は悪化しているので十分注意すること。
日本人の被害で最も多いのが、繁華街やバスなどの交通機関内でのスリやひったくり、ひと気のない場所での強盗、詐欺(預かり金の持ち逃げ)など。アクセサリーなど高級に見えるものを身に付けない、財布やカメラは必要以上に出さず、かばんに入れておくなど用心したい。バッグは道路側ではなく、建物側に持つ、たすき掛けになるものを利用するなど、小さな注意をするだけでも被害をまぬがれたりする。また、各都市の危険エリアに立ち入らないなどの注意をしたい。

【モンテビデオ】人口が多く犯罪件数が最も多い県のひとつ。ウルグアイは、少年犯罪への法規制が甘いため、若者の強盗、ひったくり、スリ、物乞いを装った恐喝などの路上犯罪が多発している。
観光スポットとして人気の旧市街は、オフィス街のため平日の昼間は人が多く安心だが、平日の夕方から夜、休日は終日、治安が悪化するので、ひとり歩きは避けること。必要な場合は目的地までタクシーを利用したほうがいい。また、同じく観光スポットのセーロ要塞の周辺は強盗事件が多発しているので、ひとりで行くことは避け、タクシーを利用すること。

【コロニア・デル・サクラメント】穏やかな田舎町で治安は良好。旧市街周辺なら、観光客が昼夜問わず歩いているので、夜も危険なことはない。ただし、スリやひったくりには注意すること。

【プンタ・デル・エステ】夏季のハイシーズンになると外国人観光客を狙ったグループによる暴行・強盗事件が多発している。

その他

【緊急時】警察911、消防104、救急105

チップ・マナー

ウルグアイの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

ウルグアイの代表的な都市

ウルグアイTOP
中南米TOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について