トップ > 北米 > アメリカ > チップ・マナー

アメリカのチップ・マナー

チップ

レストラン、タクシー、ホテルの宿泊(ポーターサービスやベッドメイキング)など、サービスを受けたときにチップを渡すのが慣習となっている。金額は、特別なことを頼んだ場合や満足度によっても異なるが、以下の相場を参考にしよう。最低$1からで、できればお札で渡すように。

  • - レストラン:合計金額の18~20%。サービス料が含まれている場合は、必要ない。
  • - タクシー:運賃の15~20%(最低でも$1)。
  • - ホテル宿泊:ポーターサービスは荷物ひとつにつき$2~3。荷物が多いときはやや多めに。ベッドメイキングは枕元などに$2~5。

年齢制限

州によって異なるが、飲酒可能な年齢はほぼ21歳から。場所によっては、お酒を買うときにも身分証明書の提示を求められる。ライブハウスなどお酒の提供があるところも身分証明書が必要。
アメリカでは若年層の交通事故がとても多く、大手レンタカー会社では一部の例外を除き25歳以上にしか貸し出さない。21歳以上25歳未満の場合は割増料金が必要なことが多い。

基本情報

アメリカの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

アメリカの代表的な都市

ニューヨーク(ニューヨーク)のオススメ観光スポット

アメリカを旅する

アメリカTOP
北米TOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について