トップ > 中南米 > エルサルバドル > チップ・マナー

エルサルバドルのチップ・マナー

チップ

チップの習慣は本来ないが、場合によっては渡したほうがいいところもある。

【タクシー】基本的には必要ない。

【レストラン】レストランではサービス料を加算していなければ10%が目安だが、庶民的な簡易食堂では必要はない。

【ホテル】ポーターに荷物を運んでもらったり、ルームサービスを頼んだ場合にはUS$1程度。

【ツアーやアクティビティ】ツアーガイドには料金の10%程度。

マナー

教会など宗教施設へ入る際は、そこが信仰の場であることを十分に配慮しよう。内部では脱帽し、タンクトップや短パンの類は避けたほうがいい。また飲食物の持ち込み、カメラのフラッシュは基本的に禁止されているので注意しよう。

交通

【飛行機】エルサルバドルでは国内線は運航していない。国内唯一の民間空港であるコマラパ国際空港はアビアンカ航空のハブ空港になっており、中米各国から国際線が就航している。

【バス】首都サン・サルバドルからバス路線が各地へ運行している。主要都市間を結ぶ幹線道路は整備され、中米随一である。バスの本数も多い。サン・サルバドル市内は、路線バスが随時運行している。

年齢制限

エルサルバドルでは18歳未満の飲酒と喫煙は禁じられている。観光地などの入場料には、外国人旅行者料金、学生料金や子供料金を設定している場合もある。

基本情報

エルサルバドルの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

エルサルバドルの代表的な都市

エルサルバドルを旅する

エルサルバドルTOP
中南米TOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について