トップ > アジア > シンガポール > 観光地情報

シンガポールの観光地情報

シンガポールのおすすめスポット

(2014.01.14更新)

シンガポールのおすすめスポットの写真|ピックアップ! シンガポール 観光地情報情報 マリーナベイサンズといえば、「高級ホテル」「カジノ」「高級ブランド店」と大人が行く場所というイメージがあったですが、ファミリー観光客を楽しませてくれるものもあります。 たとえばボート運河。ショッピング街の中を流れる運河を行くボートは大人子供共通料金でお一人様5ドル(約320円)。1周15分ぐらいだそうです(子供だけでは乗れず、大人の同伴が必要です)。 広いショッピング街の海に向かって右端の方に、スケートリンクもあります。地下2階にあり、高い吹き抜けの開放感が抜群です。N.Y.のロックフェラーセンターのスケートリンクと同じくらいの大きさとのこと。 ちょうどまわりはフードコートになっているので、お腹がすいたらこちらでアジア各国のローカルフードはいかがでしょうか。 マリーナ・ベイ・サンズの1階のウッドデッキからは、マーライオンをはじめ、フラトン・ベイ・ホテや金融街でおなじみのシンガポールの風景を一望でき、気分爽快♪ ちなみに、フラトン・ベイ・ホテルから見るマリーナベイサンズの夜景も最高ですよ!

■記事提供:シンガポール/シンガポール特派員ブログ 二茅 美智子
参考:子供も楽しいマリーナ・ベイ・サンズ その1
参考:子供も楽しいマリーナ・ベイ・サンズ その1
参考:子供も楽しいマリーナ・ベイ・サンズ その1

シンガポールおすすめ植物園

(2014.01.14更新)

シンガポールおすすめ植物園の写真|ピックアップ! シンガポール 観光地情報情報 マリーナベイサンズに直結している場所にある植物園Garden By The Bay。
MRTのサークルラインで「ベイフロント」駅下車。案内表示に従って「B」出口に進み、地上に出るとサンズの裏側でした。
植物園内は無料で入れる公園のようなスペースと有料で観覧できる部分があります。

「Flower Dome」は想像以上の開放感でシンガポールの気候では育ちにくい植物達が植わっていました。「Cloud Forest」には上から落ちている人工滝からの水しぶきもあり、体感温度がさらに低く、鳥肌が立ちました。シンボルの「Supertree Grove」。高いところが好きな方は、ぜひ橋を歩いて絶景をお楽しみください。

きれいに整備された園内は散歩にくるだけでも楽しいです!夜はライトアップされて、昼とは違った魅力があるそうですよ。


■記事提供:シンガポール/シンガポール特派員ブログ 二茅 美智子
参考:Garden By The Bay

口コミで人気の観光地

 

マーライオン・パーク

シンガポールのシンボル。その像は1972年、当時の首相の提案で造られた。上半身のライオンはシンガポールの名前の由来であるシ…

 

ナイトサファリ

太陽が沈むと、一転して神秘のとばりに包まれる森。リバーサファリの隣、約35ヘクタールの敷地にあるナイトサファリへ移動だ。…

 

サルタン・モスク

黄金のドームが印象的な、シンガポール最大のイスラム寺院。アラブ、インド、イギリスの建築様式が取り入れられている。見学時…

 

ラッフルズ上陸記念の地

1819年にサー・トーマス・スタンフォード・ラッフルズが上陸したのがここ。漁村から近代都市へと歴史の転換点となった場所だ。…

料理・グルメ

シンガポールの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

シンガポールの代表的な都市

シンガポールのオススメ観光スポット

シンガポールを旅する

シンガポールTOP
アジアTOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について