トップ > ヨーロッパ > ルーマニア > チップ・マナー

ルーマニアのチップ・マナー

チップ

【タクシー】短距離を利用する場合はおつりの小銭をチップとする程度。長距離をチャーターした場合は5~10%が目安。

【レストラン】高級レストランでサービスに満足したときに、料金の10%程度が一般的。最近はチップの習慣も普及してきた。

【ホテル】ルームサービス利用時やポーターに荷物を運んでもらったら1~10Lei程度。

宿泊

・ルーマニアの宿泊施設は、ホテル(Hotel)とプライベートルーム(Camera Particulara)の2つに大別できる。
・2~5つ星ホテルはVISA、Masterなどのクレジットカードが使えるが、経済的なホテルやペンシウネは現金で精算という宿がほとんど。ユーロでの支払いも2つ星以上なら可能であることが多い。

[宿泊施設の種類]
【高級ホテル】4~5つ星クラスのホテルは外国資本のものが多い。日本並みのサービスが期待できるが料金は1泊€100~300以上と高い。英語が通じるというメリットもあり、情報源としても貴重な存在。
【中級ホテル】2~3つ星ホテル。ブカレストと地方では設備やサービスに幅がある。料金も€30~100と大きく異なるが、バス・トイレ付きでお湯が出るくらいの快適さは確保でき、英語が通じる確率も高い。
【ペンション】ルーマニア語でペンシウネ Pensiuneという。観光地に多い小規模な宿でシャワーやトイレ付きの宿が多く、料金も手頃。
【プライベートルーム】一般家庭の部屋を間借りするタイプの宿泊施設。風呂やトイレなどをその家族と共同で使用する、いわゆる民宿。主に地方都市周辺の農村部に多い、家の門と部屋の鍵をもらえるので、基本的に門限はない。予約はBooking.comやエクスペディアなど、事前にウェブサイトで申し込むのが一般的。
【ホステル】相部屋で1泊€8~13ほどのバックパッカー向けの宿客室はドミトリーといわれる相部屋で、男女混合のものが多い。都市部ではクレジットカードが使用できるホステルも増えてきている。ユースホステルに宿泊する場合、会員証は事前に日本で取得しておこう。ルーマニア国内のホステル数は他のヨーロッパ諸国に比べると少ない。夏期などは予約でいっぱいのときもあるので要注意。

年齢制限

ルーマニアでは18歳未満の酒類とタバコの購入は不可。

基本情報

ルーマニアの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

ルーマニアの代表的な都市

ルーマニアを旅する

ルーマニアTOP
ヨーロッパTOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について