トップ > グアム・サイパン・リゾート > パラオ > チップ・マナー

パラオのチップ・マナー

チップ

パラオではチップの習慣はない。ただし大手のホテルの場合、ベルマンやルームキーパー、ルームサービスに対するチップが半ば常識となっている。目安としては、ベルマンが荷物を運んでくれたら荷物1個につき$1程度、ルームキーパーへのピローチップ$1、ルームサービスを頼んだ場合は料金の1割程度。

マナー

生きているサンゴ、戦争の残骸などを採集することは、固く禁じられている。また未許可のキャンプも禁止。ダイバーはダイビング許可証が必要。絶滅の危機にある野生動物(タイマイやワニ、ジュゴン、オウムガイ)は保護されており、べっ甲やワニ革製品の輸出も違法。

年齢制限

日本人旅行者であっても、21歳未満の飲酒、喫煙は禁止されている。バーやクラブの入場に関しては、パスポートなどのID(身分証明書)の提示が求められることはまれだが、携帯を心がけたい。また、レンタカーの運転は、21歳から認められている。

基本情報

パラオの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

おすすめ現地ツアー

パラオを旅する

パラオTOP
グアム・サイパン・リゾートTOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について