トップ > ヨーロッパ > ポーランド > 安全・治安

ポーランドの安全・治安

安全とトラブル

ほかのヨーロッパ諸国に比べて、安全なほうといえる。ただし、外国人観光客はスリやひったくりの標的になりやすいので注意したい。

【警察】警察はポーランド語でポリツィヤ Policjaという。

【スリ】バスやトラムなど公共交通の車内ではスリに注意。特にワルシャワ・ショパン国際空港から市内へ向かうバス175番や、クラクフからオシフィエンチム(アウシュヴィッツ)へ行くバスの中には常習犯がいるようなので気をつけること。

【鉄道駅や列車内】外国人を専門に狙う窃盗グループがいる。なかでもワルシャワ中央駅とワルシャワ東駅の構内は注意が必要。
ポーランドの客車はほとんどがコンパートメント式。長時間乗車する際はつい眠ってしまいがちだが、残念ながら隣の人も信用できるとは限らない。トイレに行くときも貴重品は身に付けたままにしたい。最近では刃物でカバンを切り裂いて貴重品を抜き取ったり、ナイフを突き付けて脅したりという悪質な窃盗事件も発生している。できればコンパートメントには鍵をかけておいたほうがいいだろう。特に女性ひとりで列車を利用する場合は、明るいうちに目的地に到着するような計画を立てたい。
どうしても夕方以降に移動する必要がある場合は、鉄道よりは長距離バスの利用がおすすめだ。

その他

【緊急時】警察 997(携帯電話からは112)、消防 998(携帯電話からは112)、救急 999(携帯電話からは112)

チップ・マナー

ポーランドの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

ポーランドの代表的な都市

おすすめ現地ツアー

ポーランドを旅する

ポーランドTOP
ヨーロッパTOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について