トップ > ヨーロッパ > オランダ > チップ・マナー

オランダのチップ・マナー

チップ

サービス料がかかっている場合は一般的に不要。特別なサービスを受けた相手にはチップを渡すこともある。以下は目安であり、ホテル、レストランの格によって変化する。現地のガイドツアーでは、最後にお礼程度のチップを渡す人も多い。

【タクシー】料金の10~15%程度。

【レストラン】店の格にもよるが、一般的にサービス料が請求されないときに10%程度。クレジットカードでの支払いでは、伝票の合計額にチップ相当額を自分で書き足して支払うこともできる。

【ホテル】ベルボーイやルームサービスに対し、1回につき€1~2程度。

【トイレ】料金が表示されている所もある。サービス係がいて指定がない場合は€0.25~0.50程度。

マナー

あいさつが大切。店に入ったら店員さんやウエーターに「こんにちは ハロー Hallo」または「フーデンダハ Goedendag」、サービスを受けたり出るときは「ありがとう ダンクゥー Dank u」、「さようなら トット・ツィーンス Tot ziens」と言おう。英語でもOK。これだけで応対してくれる人の態度も変わってくる。

喫煙

公共の施設内での喫煙は禁止。レストラン、バー、カフェなども完全禁煙なので、タバコを吸う人は注意するように心がけたい。

年齢制限

たばこ、酒ともに18歳から。また、レンタカーも会社によって年齢制限を設けている。下限、上限とも設定されていることもあるので、必ず確認を。

基本情報

オランダの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

オランダの代表的な都市

オランダを旅する

オランダTOP
ヨーロッパTOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について