トップ > アフリカ > マダガスカル > チップ・マナー

マダガスカルのチップ・マナー

チップ

フランス文化の影響により、観光地ではチップの習慣が根付きつつある。安宿、食堂などでは払う必要はない。高級レストランなどでサービス料が含まれている場合にもチップを払う必要はない。

【ホテル】用事を頼んだ場合、Ar1000~2000。ポーターにはAr500程度。

【レストラン】特に習慣はなく、気持ちのいいサービスを受けた場合のみ、Ar2000~5000を置いていく。

【ドライバー】1日当たりAr5000~。

【ガイド】1日当たりAr1万程度。

その他

【ユースフルアドレス】
警察・救急 17または117、消防 18または118

【インターネット】都市部では、インターネットカフェが数軒営業している。18:00頃閉店したり、深夜まであいていたり、営業時間はさまざま。インターネットカフェがない場合、高級ホテルに行けば利用できる。アンタナナリヴ、そのほかの主要観光地ではWi-Fiも広く普及している。

【その他】みやげ物で輸出申告書が必要な物(アンモナイトの化石の加工品、チョウ、パリサンドル製品など)は、購入時に店で書類を作成してもらわなければならない。これがないと、空港で没収されてしまうことになるので気をつけよう。

年齢制限

酒類は18歳以下、タバコは15歳以下には販売が禁止されている。16歳未満の喫煙は法律で禁じられている。レンタカーは、23歳以上で日本の運転免許証があり、免許取得後1年以上経過していればレンタル可能。

基本情報

マダガスカルの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

マダガスカルを旅する

マダガスカルTOP
アフリカTOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について