トップ > ヨーロッパ > モンテネグロ > 飲み水・水道水

モンテネグロの飲み水・水道水

水道水は飲用可能。ミネラルウォーターは、500mlのペットボトルのものが50円くらいで買える。

食事

・セルビア料理+イタリア料理
・切り売りピザの店が多い
・アドリア海沿岸は新鮮な魚介類が楽しめる

モンテネグロは、国土は小さいものの、いくつかの食文化圏の交差点に位置しており、バラエティ豊かな料理を楽しめる。

[内陸部の料理]セルビア同様の肉料理や乳製品を使った料理が中心。サルマSarma、ムサカMusaka、ブレキBurekなどはトルコから伝わった料理。
【チェヴァピCevapi】小さな肉団子のグリル。薄焼きパンに挟んで食べることも多い。
【プリェスカヴィッツァPljeskavica】バルカン半島で広く食されているハンバーグ。
【ラジュニチRaznici】豚肉や羊肉などの串焼き。
【ブレックBurek】チーズや野菜入りなどがある軽食の定番。

[乳製品]アドリア海沿岸で獲れる新鮮なシーフードもモンテネグロの魅力の一つ。かつてヴェネツィア領だったことから、イタリア料理の影響が大きい。また、モンテネグロでは切り売りピザのお店が多い。
【シュカンピSkampi】アカザエビ。イタリア料理で言うところのスカンピ。グリルやフライで食べる。
【リグニェLignje】甲イカの一種で、こちらもグリルやフライで食べるシーフードの定番。

[お酒]
【ヴラナツVranac】モンテネグロ名産の白ワイン。生ハムやシーフードとの相性がいい。
【ラキヤRakija】周辺国でも飲まれている、アンズやプラムなどから作る果実の蒸留酒。

トイレ

バスターミナルや鉄道駅の公衆トイレはほとんどが有料で、使用料として1回だいたい€0.20~0.50を支払う。男性はMuski(ムシュキ)、女性はZenski(ジェンスキ)と表示される。

治安

モンテネグロの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

モンテネグロの代表的な都市

モンテネグロを旅する

モンテネグロTOP
ヨーロッパTOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について