トップ > アジア > スリランカ > 安全・治安

スリランカの安全・治安

安全とトラブル

【安全情報】2019年8月現在、スリランカ全域に「十分注意してください」という危険情報が、日本の外務省から発出されている。2009年5月、スリランカ政府軍と、反政府組織「タミル・イーラム解放の虎(LTTE)」との内戦が終結し、それ以後はLTTE残党によるテロなどは発生していないものの、2019年4月、国内のイスラム過激派組織(NTJ(ナショナル・ダウヒード・ジャマート)やJMI(ジャマティ・ミラットゥ・イブラム))から派生したグループによる同時爆破テロ事件が起きている。事件後にモスクやイスラム教徒の商店等に対する放火・襲撃事件が発生しており、さらなる宗教・コミュニティ間対立の懸念がある。事前に最新情報を確認のこと。

【トラブル】スリランカは仏教徒、ヒンドゥー教徒、イスラム教徒を問わず、敬虔な人が多いので、マナーには十分気を付ける必要がある。例えば2006年から、公共の場での喫煙が禁止され、違反すると罰金をとられる。また、仏教遺跡観光の際にも、いろいろと気を付けることがあるので要注意。

その他

食堂や最低クラスの安宿でなければ、多くのホテルやレストランでWi-Fiが整備されており、通信速度も遅くはない。料金も無料で利用できるところがほとんど。またSIMカードを購入すれば、ホテルやレストラン以外でもインターネットが使用できて便利。

チップ・マナー

スリランカの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

スリランカの代表的な都市

スリランカを旅する

スリランカTOP
アジアTOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について