トップ > 中東 > レバノン > 安全・治安

レバノンの安全・治安

安全とトラブル

2018年12月現在、ベイルート(パレスチナ難民キャンプを除く)、サイダ、ビブロスなどを含む地域に「十分注意してください」、バールベック、スールなどを含む地域に「不要不急の渡航は止めてください」などの外務省危険情報が発出されている。
近年は政情不安をあおる爆弾テロも起きている。個人で旅行する人や女性は、最低限の注意が必要。また都市部の路上では、ひったくり等も起きている。そのほか、マラダン中などはイスラム教徒への配慮が必要。日中の間、人前での飲食は避けること。

その他

【緊急時】
日本大使館 (01)989-751/2/3
警察 112、消防 175、救急車 140

チップ・マナー

レバノンの旅行・観光情報

What's New

レバノンを旅する

レバノンTOP
中東TOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について