トップ > 中東 > レバノン > 旅で使える会話・フレーズ

レバノンの旅で使える会話・フレーズ

言語

アラビア語が公用語。フランス語、英語もよく通じる。

説明

レバノンの公用語もアラビア語だ。シリアと同様、第1次世界大戦後から1943年に独立するまでの間、委託統治領であったため、フランス語の名残が残っている。アラビア語の次に話されている言葉は、フランス語と英語だ。レバノンで口語で話されているアラビア語もフランス語から来ている表現が見られる。町中でフランス語の表示を見かける機会も、シリアより多い。

会話例1

フィー アィンダック ゴルファ ファーディーエ?
空いている部屋はありますか?

会話例2

フィー アィンダック マイ ソフネ ?
ホットシャワーはありますか?

会話例3

モンケン シューファル ゴルフェ?
部屋を見せてもらえますか?

会話例4

ビッディ メタル ハイデ ロウサマハトゥ
あれと同じ料理を下さい

会話例5

ビッディ ハーダ
これにします

会話例6

ミーン ヤフハフ イングリージィー?
英語の分かる人はいますか?

会話例7

フィー バス イラ アーサール?
遺跡行きのバスはありますか?

会話例8

シュー マクトゥーブ ホーン?
なんて書いてあるんですか?

会話例9

シュー ィスモ ハイダ シャーリア?
この通りの名前はなんですか?

会話例10

フェーン ムスタシファ?
病院はどこですか?

大使館

レバノンの旅行・観光情報

What's New

レバノンを旅する

レバノンTOP
中東TOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について