トップ > 中南米 > ジャマイカ > 基本情報

ジャマイカの基本情報

国名

ジャマイカ

正式国名

ジャマイカ Jamaica

国歌

ジャマイカ、愛する地 Jamaica, Land We Love

面積

約1万1424km2(秋田県とほぼ同じ) 

人口

約279万3335人(2015年7月)

首都

キングストン Kingston

元首

イギリス女王エリザベス2世 Queen Elizabeth II

首相(知事)

アンドリュー・ホルネス Andrew Holness(2016年3月~)

政体

英国連邦加盟の立憲君主制。上院21席と下院60席からなる2院制議会をもち、議員の任期は5年。全国は3つの郡と14の境区に分けられている。

民族構成

アフリカ系70%、混血10%、そのほかインド系、中国系など。

宗教

キリスト教(プロテスタント)がほとんど。

歴史

コロンブスがジャマイカに到着したのは1494年5月4日。コロンブス2度目の航海のときだった。それ以前には6~11世紀頃に南アメリカから移住して来たとされているタイノ族やアラワク族が住んでいたが、植民化が進むとともに、強制労働で殺されたり、スペイン人の持ち込んだ疫病により絶滅する。
1538年、首都がキングストン近郊のスパニッシュ・タウン(当時はスペイン語でビジャ・デ・ラ・ベガと呼ばれていた)に移されると、いよいよスペイン全盛時代を迎える。各地にサトウキビのプランテーションが作られ、その労働力としてアフリカから多くの黒人奴隷が連れてこられた。1655年にイギリス軍がジャマイカを侵略、実効支配する。この時に過酷な労働を強いられた一部の奴隷がプランテーション(大農園)から逃げ出し、中央部の深い山中にこもって奴隷解放を目指したゲリラ戦をはじめる。彼ら逃亡奴隷はマルーンMaroonと呼ばれた。1661年に正式にイギリス領となった後も、奴隷の数は増え続け、マルーンによる小規模な反乱が各地で起きた。1730年代に入ると、イギリスは軍隊を率いてマルーンの掃討作戦を行うが、ことごとく失敗に終わる。しかし、マルーンが受けた被害も大きく1739年、理不尽な和平条約が結ばれ、83年におよぶゲリラ戦に終止符が打たれる。マルーンの反乱は収まったが、その当時の奴隷の数はヨーロッパ人の10倍にも及び、奴隷反乱運動がたびたび勃発した。奴隷貿易は1807年に廃止されたものの、過酷な労働と貧困な生活は変わらなかった。1831年、サム・シャープをリーダーとする大規模な奴隷解放運動が起きる。しかし、武器を持たない奴隷たちは10日間で捕らえられ、サム・シャープおよび約500人もの反乱軍が殺害された。奴隷制度が廃止されたのは1838年。1962年になってようやく、300年におよぶイギリスの支配から独立する。その後は英連邦の一員として、アフリカ文化の影響を強く受けた独自の文化を育んでいる。

ジャマイカの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

ジャマイカの代表的な都市

ジャマイカを旅する

ジャマイカTOP
中南米TOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について