トップ > 中東 > イラン > チップ・マナー

イランのチップ・マナー

チップ

イランではチップの習慣は基本的にはないが、高級ホテルや高級レストランを利用するツアーなどでは必要になる場合も多い。料金にはほとんどの場合、サービス料が含まれているので基本的には必要ないが、こちらから何かを頼んだ場合など特別な場合に感謝の気持ちを表したい。

【ホテル】ベルボーイなどに2万Rlsほど。

【レストラン】メニューにサービス料が明示されており、会計時に上乗せして請求される。

【ガイド】ガイド料の10~15%。

マナー

【酒類】イスラーム共和国であるイランでは、酒類の販売や飲酒は固く禁じられており、国内でアルコール類を購入することはできない。

【服装】女性は体の線を隠す服装が義務付けられており、男性も短パンなど肌を過度に露出する服装は禁止。

【持ち込み制限】ポルノ類の持ち込みは禁止されている。女性の肌が露出している写真や髪を覆っていない写真でもポルノと見なされかねない。また、CD、DVD、ビデオテープなどを持ち込むことも控えること。

【写真撮影】軍関係の施設や国境はもちろん、空港や駅、国境やビザオフィスをはじめとする警察関連の施設の写真の撮影はできない。カメラを構えていると非常に深刻な事態となりかねないので、撮影はしないようにしよう。

年齢制限

イランではタバコについて、特に決まった年齢制限はない。レンタカーを借りるには年齢制限があるが、車だけレンタルするのではなく、運転手も一緒にチャーターするのが普通。レンタカーの数は非常に少ない。

基本情報

イランの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

イランを旅する

イランTOP
中東TOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について