トップ > ヨーロッパ > アイルランド > チップ・マナー

アイルランドのチップ・マナー

チップ

レストランやホテルなどの料金にはサービス料が含まれていることもある。必ずしもチップ(ティップと発音)は必要ではない。快いサービスを受けたときには、以下の相場を参考に。
また、大型ホテルなどになれば、サービス料、VAT(付加価値税)が別料金というところも増える。

【レストラン】店の格にもよるが、一般にはサービス料が請求されないときに10~15%くらい。クレジットカードの場合は、伝票の合計額にチップ相当額を自分で書き足して支払う。

【ホテル】ベルボーイやルームサービスに対し、1回につき€1程度。

【タクシー】料金の10~15%くらいの額。

【トイレ】コイン式のトイレもある。

マナー

エスカレーターでは右側に立ち、左側を空ける。列(キュー queueという)を作るときはフォーク式(窓口がいくつあっても列に並び、順番が来たら空いた窓口に行く)に。タクシーやバスを停めるときには、横に手を出して合図する。タクシーの支払いは降車後、窓越しに行う。

喫煙

公共の屋内空間、飲食店(パブなども含む)では禁煙。

年齢制限

アイルランドでは18歳未満の酒類とタバコの購入は禁止されている。レンタカーは年齢制限があることも。借りる前にレンタカー会社に問い合わせよう。

基本情報

アイルランドの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

アイルランドの代表的な都市

アイルランドを旅する

アイルランドTOP
ヨーロッパTOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について