トップ > ヨーロッパ > イギリス > チップ・マナー

イギリスのチップ・マナー

チップ

レストランやホテルなどの料金にはサービス料が含まれていることもある。必ずしもチップ(ティップと発音)は必要ではない。ただ、快いサービスを受けたときには、以下の相場を参考に。

  • - タクシー:料金の10~15%くらいの額。
  • - レストラン:一般にはサービス料が請求されないときに10~15%くらい。12.5%と明示されているところも多い。クレジットカードの場合は伝票の合計額にチップ相当額を自分で書き足して支払う。
  • - ホテル:ベルボーイやルームサービスに対し、1回につき£1程度。

マナー

列(キューque)に並ぶときには、窓口がいくつあっても1列に並び、順番が来たら空いた窓口へ向かう。タクシーやバスを停めるときには横に手を出して合図する。タクシーの支払いは運転席と後部座席の間になる小窓を通して行う。エスカレーターで立つ場合は右側へ。左は歩く人用。

喫煙

公共の屋内空間、飲食店(パブなども含む)では禁煙。

年齢制限

イギリスでは酒類18歳未満購入は不可。
レンタカーは、レンタカー会社や車種によって年齢制限があり、身分証明書代わりにクレジットカードの提示を要求される。

基本情報

イギリスの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

イギリスの代表的な都市

ロンドンのオススメ観光スポット

イギリスを旅する

イギリスTOP
ヨーロッパTOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について