トップ > ヨーロッパ > スペイン > 安全・治安

スペインの安全・治安

安全とトラブル

マドリードやバルセロナなどの大都市や観光地で、スリ、置き引き、ひったくりといった窃盗被害が発生している。地下鉄や繁華街の雑踏など、人が密集している所などでは特に注意が必要。パスポート、多額の現金、カード類などの貴重品は宿泊先の安全な場所に保管し、なるべく持ち歩かないこと。やむを得ず貴重品を持ち歩く場合は、1ヵ所にまとめず、分散して所持するとよい。また深夜や早朝の移動には、タクシーを利用した方が無難。

その他

【緊急時】警察・救急・消防 112

【生活時間】スペインでは昼食は14:00から、夕食は21:00からが一般的で、レストランの営業時間も日本とは2時間ほどずれている。また昼食時間までが午前中で、あいさつも14:00頃までは「おはよう=ブエノス・ディアス Buenos días」と言う。

チップ・マナー

スペインの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

スペインの代表的な都市

マドリードのオススメ観光スポット

スペインを旅する

スペインTOP
ヨーロッパTOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について