トップ > ヨーロッパ > スペイン > チップ・マナー

スペインのチップ・マナー

チップ

スペインにもチップの習慣はあるが、義務というわけではなく、特別なことを頼んだ場合やサービスをしてくれた人に対して感謝の気持ちを表す心づけとして渡すもの。払い過ぎないように注意したい。

【タクシー】おつりの小銭を渡すか、きりのいい金額に切り上げて支払う。

【レストラン】店の格にもよるが、一般には料金の5~10%くらいの額を、テーブルでの支払いのときにきりのいい金額に切り上げて渡すか、おつりの小銭を残す。

【ホテル】ベルボーイやルームサービスを頼んだとき€1程度。

マナー

スペインではあいさつが大切。店に入ったら店員さんやウエーターに「こんにちは=オラ Hola」、サービスを受けたら「ありがとう=グラシアス Gracias」、出るときは「さようなら=アディオス Adiós」と言おう。これだけで対応してくれる人の態度も変わってくる。

喫煙

2011年1月に喫煙に関する法律が施行。飲食店の建物内は全面禁煙だが、屋外のテラス席は喫煙できる。

年齢制限

スペインでは16歳未満(州によっては18歳未満)の飲酒と喫煙は禁じられている。
レンタカーは会社や車種によって年齢制限があり、クレジットカードの提示を要求される。

基本情報

スペインの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

スペインの代表的な都市

マドリードのオススメ観光スポット

スペインを旅する

スペインTOP
ヨーロッパTOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について