トップ > 中南米 > ドミニカ共和国 > チップ・マナー

ドミニカ共和国のチップ・マナー

チップ

ホテルのルームメイドやベルボーイなどへのチップは宿泊料金に含まれているので、不要。
タクシーの運転手には、何か特別に頼んだとき以外は渡す必要はない。

交通

【国内交通】
<飛行機>
ドミニカ共和国にはふたつの大きな国際空港と、8つの小さな国際空港がある。メインの玄関口は首都サント・ドミンゴのラス・アメリカス国際空港Aeropuerto Internacional Las Américas(SDQ)。
ビーチリゾートが目的のおもにヨーロッパからの観光客は、プエルト・プラタのグレゴリオ・ルペロン国際空港Aeropuerto Internacional Gregorio Luperón(POP)やプンタ・カナのプンタ・カナ空港Aeropuerto Punta Cana(PUJ)から入国するケースも多い。サン・ドミンゴの国内線の飛行場は、市街から北へ約20kmのラ・イザベラ国際空港La Isabela International Airport。

<バス>
国内には長距離バス会社が4つほどあり、どのバス会社もサント・ドミンゴが起点。バスターミナルはなく、それぞれのバス会社のオフィス前が発着地となっている。いずれも大型のバスで快適。所要時間はサント・ドミンゴ~プエルト・プラタ間が約3時間。
・カリベ・ツアーズ Caribe Tours 
TEL:809-221-4422 
URL:www.caribetours.com.do
・メトロ Metro 
TEL:809-227-0101

<タクシー>
強盗など犯罪被害が急増しているので流しのタクシーは利用しないこと。ホテルやレストランで無線タクシーを呼んでもらうのがいい。
・APOLO TAXI TEL:809-537-0000
・ZONA TAXI TEL:809-333-9999
料金はメーター制ではないが一応の基準が決まっている。しかしタクシー会社や車によって(エアコンがあるかないかなど)多少の差はあるので、乗る前に聞いてみること。
時間でチャーターしたほうが安い場合もある。1時間RD$400前後で、3時間以上だとRD$300~350/時と、割引になるのが普通だが、事前にしっかり確認のこと。支払いはRD$のみの場合と、US$でも対応してくれる場合がある。待ち時間などの料金の交渉も忘れずに。
また、コンチョConchosと呼ばれる乗合タクシーが走っている。これはある一定のルートを走り、途中で同じ方面に行く客をひろっていくというタクシーだ。料金は安いが、観光客を狙った強盗の被害が増えているので利用しないこと。

<レンタカー>
空港ターミナルに大手のレンタカー会社のブースがあるほか、ホテルで手配できる。国外運転免許証と、デポジットとしてクレジットカードが必要なことが多い。
ただし、道路標識はすべてスペイン語のうえ、日本と反対の右側通行、左ハンドル、さらにドミニカ人の運転マナーは非常に悪く、よほど運転に慣れた人以外にはおすすめできない。

年齢制限

ドミニカ共和国では18歳未満の喫煙、飲酒は禁じられている。
運転免許は18歳から取得できるが、レンタカーが借りられるのは21歳以上となっている。

基本情報

ドミニカ共和国の旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

ドミニカ共和国の代表的な都市

ドミニカ共和国を旅する

ドミニカ共和国TOP
中南米TOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について