トップ > アジア > 中国 > 旅で使える会話・フレーズ

中国の旅で使える会話・フレーズ

言語

公用語は、国民の大多数を占める漢族の言葉である「漢語」の中の北方方言を主体にして作られた「普通話」。このほか民族ごとにそれぞれの言語をもつ。
さらに、国土がこれだけ広いため、中国における多数民族の言語である「漢語」も北方方言、呉語(上海周辺)、福建語、広東語、客家語などの方言に分かれており、それぞれの方言は、会話が成り立たないほど大きく異なる。なお、町なかでは、英語はあまり通用しない。

説明

広大な国土を持ち、56の民族が暮らす中国では、地域や民族によって異なる方言・言語が使われている。
92%を占める漢族の言葉だけでも、北方方言(北京を中心とするエリアや東北地方の方言)、上海語(上海を中心とする昔の「呉」の方言)、広東語(広東省を中心としたエリアの方言)、福建語(福建省方言)など大きく7つに分けられる。これらの方言は、別の言語といっていいほど異なり、互いにコミュニケーションを図ることができない。
このため、作られたのが、中国の標準語である「普通話」。これは北方方言を基本に作られた言葉で、テレビやラジオ、また学校など公共の場所で使われており、中国どこへ行っても通用する言葉である。

会話例1

シー・ブーシー
はい・いいえ

会話例2

ヨウ・メイヨウ
あります・ありません

会話例3

ニーハオ
こんにちは

会話例4

シエシエ/ドゥイブチー
ありがとう/ごめんなさい

会話例5

ハオ/ブーハオ
よい/よくない

会話例6

ウェイシェンモ?
なぜ?

会話例7

ウォーシーリーベンレン
私は日本人です

会話例8

シーショウジエンザイナーリ?
トイレはどこですか?

会話例9

ジェイガドウシャオチエン?
これはいくらですか?

会話例10

ウォーヤオチューティエンアンメン
天安門へ行きたいのですが

大使館

中国の旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

中国の代表的な都市

シャンハイ(上海)のオススメ観光スポット

中国を旅する

中国TOP
アジアTOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について