トップ > 中南米 > ベリーズ > 安全・治安

ベリーズの安全・治安

安全とトラブル

【強盗、スリ】ベリーズは周辺国に比べて治安がよいが、観光客が強盗やスリに遭う事例がまれに報告されている。ベリーズ・シティは南のエリアが貧困地区になっているので、立ち入らないようにしよう。特に、スイング橋の運河からバスターミナルまでの一帯の治安が悪化しているので、徒歩では移動しないほうがいい。また北の富裕層の地区も、ひと気の少ない路地では気をつけたい。行動にはあくまでも責任をもって、夜遅くひと気のない所をひとりで歩かないようにしよう。犯罪者は銃を所持していることもある。

【医療事情】各地には病院や診療所があるので、けがや体調不良程度ならホテルのスタッフに頼んで訪ねてみよう。深刻な病気などの場合は、帰国して治療を受けるほうがいい。
ベリーズで売られている薬はよく効くが、全般的に強いので、持病があるなど心配な人は日本から常備薬を持っていこう。

その他

【緊急時】警察 911

チップ・マナー

ベリーズの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

ベリーズの代表的な都市

ベリーズを旅する

ベリーズTOP
中南米TOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について