トップ > 中南米 > ブラジル > チップ・マナー

ブラジルのチップ・マナー

チップ

ブラジルの場合、ほとんどの料金にサービス料が含まれているため、チップはそれほど厳格ではない。

【レストラン】ファストフードやポル・キロ(量り売り)式など、セルフサービスの店ではチップは必要ない。通常、料金の10%程度がサービス料として加算されレシートに記載される。サービスに満足がいかなかった場合はこのサービス料の支払いを拒否することが可能。記載されていない場合は、料金の10%程度を上乗せして支払うか、釣り銭を残して帰る。

【ホテル】ポーターにはR$1~2ぐらい。

【タクシー】特に何かをしてもらった場合にのみ少額渡すのが一般的。

年齢制限

18歳で成人とみなされ、車の免許が取得できる。飲酒・喫煙も18歳以上から可能。それに満たない場合は購入不可。

基本情報

ブラジルの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

ブラジルの代表的な都市

ブラジルを旅する

ブラジルTOP
中南米TOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について