トップ > 中南米 > ボリビア > 安全・治安

ボリビアの安全・治安

安全とトラブル

一部の都市と観光名所を除き、ボリビアの治安は年々よくなってきている。しかしながら2017年11月現在、日本の外務省から、ラ・パス市と近郊のエル・アルト市、およびペルー国境に近いコパカバーナ、サンタ・クルス市及びポトシ市、ブラジルとの国境に近いベニ県に「十分注意」の危険情報が発出されている。夜のひとり歩きはもちろんのこと、暗い路地、スラム街は避けること。カメラ、時計、派手なアクセサリーは身に着けて歩かないほうがいい。長距離バスで移動の際、荷物の盗難もよく起きている。手荷物は上の荷台に乗せず、必ず手元に保管しよう。

その他

【緊急時】警察 110、消防 119、救急 118

チップ・マナー

ボリビアの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

ボリビアの代表的な都市

おすすめ現地ツアー

ボリビアを旅する

ボリビアTOP
中南米TOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について