トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > チップ・マナー

ブルガリアのチップ・マナー

チップ

【タクシー】おつりの小銭を渡す程度。

【レストラン】高級レストランでサービスに満足したときには、料金の10%程度が一般的。

【ホテル】基本的に不要。特別な頼みごとをしたときに1Lv程度。

宿泊

[宿泊施設の種類]
【高級ホテル】国際チェーンの規模の大きな最高級ホテルや、4つ星、5つ星クラスの高級ホテルは大都市やリゾート地にある。料金はダブルで€100~。

【中級ホテル】昔から国営ホテルとして営業してきたものから、新装オープンしたばかりの私営ホテル、アパルトマンタイプの小さな宿まで、さまざま。たいていの町ではホテルといえばこのクラスしかない。ダブルで€40~50ほど。

【プライベートルーム】1泊€10~と安く、旅行会社に紹介されたものであれば、安全性が高く、清潔。門と入口の鍵を渡されるので、門限も基本的にはないところが多い。1つ星ホテルよりも安く快適なこともあり好評。

【ホステル】ソフィアやヴェリコ・タルノヴォなどの都市ではバックパッカー向けのホステルが多い。たいてい英語を話す若いスタッフが常駐しており、情報収集にも便利。1ベッド€10前後。

年齢制限

ブルガリアでは18歳未満の酒類とたばこの購入は不可。
またレンタカーは年齢制限があり、25~60歳という場合がほとんど。クレジットカードの提示を求められる場合もある。

基本情報

ブルガリアの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

ブルガリアの代表的な都市

ブルガリアを旅する

ブルガリアTOP
ヨーロッパTOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について