トップ > オセアニア > オーストラリア > 現地時間・時差

オーストラリアの現地時間・時差

時差とサマータイム

オーストラリアには通常3つの時間帯がある。東海岸の各州は日本とプラス1時間の差(日本時間に1時間プラス)、中央部は東部とマイナス30分の差(日本時間に30分プラス)、西部(西オーストラリア州)は東部とマイナス2時間の差(日本時間から1時間マイナス)となっている。また、原則として10月の最終日曜から4月の第1日曜まで、ニューサウスウエールズ州、ビクトリア州、オーストラリア首都特別区(キャンベラ)、タスマニア州(10月第1日曜から)、南オーストラリア州ではサマータイム(デイライトセービングと呼ばれる)を実施。これらの州は、この期間さらにプラス1時間となる。ただし、デイライトセービングの採用や期間は各州が毎年決めているので事前に確認すること。

飛行時間

オーストラリアの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

オーストラリアの代表的な都市

ケアンズのオススメ観光スポット

オーストラリアを旅する

オーストラリアTOP
オセアニアTOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について