トップ > 北米 > アラスカ > チップ・マナー

アラスカのチップ・マナー

チップ

合衆国のほかの州同様、サービスを受けたらチップを払う習慣がある。

【レストラン】税金を除いた額の15~20%が目安。

【ポーターやベルマン】荷物ひとつにつき$1~2。荷物の重さや大きさにより考える。

【ルームメイド】基本的に必要ないが、特に散らかしてしまった場合は、$1~2くらいを。

【タクシー】料金の15%程度。

喫煙

アラスカでは州民の健康維持増進のため、1984年7月に禁煙法が制定された。現在公共の建築物、レストラン、鉄道車内、タクシー、バス内などは全面禁煙になっているので注意しよう。禁煙の場所では、パフィン(ツノメドリ)のイラストに「NO PUFFIN」と書かれたステッカーをよく目にする。これはパフィンとパフ(=タバコの煙などをプッと吹くこと)をひっかけたしゃれた禁煙サインだ。

年齢制限

アラスカ州では21歳未満の飲酒が禁じられている。また、先住民族の村によっては、全面禁酒のところもあるので、村の規則に従うこと。

基本情報

アラスカの旅行・観光情報

What's New

おすすめガイドブック・書籍

アラスカの代表的な都市

アラスカを旅する

アラスカTOP
北米TOP
PC版で表示

運営会社と個人情報保護について