トップ > ヨーロッパ > ジョージア > トビリシ

ジョージアトビリシの旅行・観光ガイド

トビリシ(現地の発音では最初のTが弱く、"ビリスィ"と聞こえる)は、グルジア共和国の東部、トルコから流れてくるムトゥクヴァリ川の流域に開けた町。三方を山に囲まれ、川からの斜面には家々が肩を寄せ合うように、びっしりとへばりついている。その昔、コーカサス山脈の険しい道を南へ南へと下って行った隊商たちにとって、まるで砂漠のオアシスのごとく思えたことだろう。 マルコ・ポーロが「絵に描いたように美しい」と称えた町は、今や人口140万を数えるグルジアの首都。河畔にある旧市街に一歩足を踏み入れると、そこにははるか昔にこの地を征服したペルシャの香りが漂っている。木造の家々の上階にはバルコニーがしつらえられ、手すりに施された透かし彫りがエキゾチックな雰囲気を醸し出す。 旧市街は、町並みを保存するために舗装しないという。道路工事が行われても、掘り起こした石を再び埋め、もとどおりにしなければならないそうだ。古い町並みを徹底的に守り抜くところに、頑固なまでのグルジア魂が見てとれる。 民族的な争いが絶えないコーカサスだが、トビリシではアゼルバイジャン人、アルメニア人など多くの民族が共存している。 そのせいか、国際的な、自由な雰囲気がこの町には感じられる。

続きを読む

トビリシの天気

12/02

11℃1℃

1週間の天気・服装ガイドはこちら

ジョージアジョージアの最新記事

  • 新着
  • ニュース&レポート
  • 特派員ブログ
  • 旅行記・口コミ
  • 海外安全情報

What's New

ジョージアトビリシに行くなら地球の歩き方

ジョージアに戻る ヨーロッパに戻る