トップ > アジア > ベトナム > ホーチミン > 統一会堂(独立宮殿)

ベトナム統一会堂(独立宮殿)Dinh Thong Nhat

統一会堂(独立宮殿)

ベトナム戦争が終結した場所 南ベトナム政権時代、独立宮殿と呼ばれた旧大統領官邸。現在の建物はフランス統治時代のノロドム宮殿があった敷地に1962年から4年間かけて建てられた物で、大小100以上の部屋と、屋上にはヘリポートまである。
正面入口から入ると右側に内閣会議室、左側に宴会室、大統領と副大統領の応接室などが並んでいる。官邸の中で最も豪華なのは、各国の大使が大統領に国書を呈上した部屋で、壁面は大きな漆画で飾られている。上階は大統領とその家族のためのスペースで、大統領夫人の宴会室や娯楽室、映画室などがある。最上階は展望台となっており、ここからかつて解放軍の戦車がやってきたレユアン通りが眺められる。地下に下りると一変して、秘密の軍事施設。ベトナム戦争中に使われた大統領の司令室や暗号解読室、アメリカと連絡を取り合った放送局などが残されている。
1975年4月30日、解放軍の戦車がこの鑑定の鉄柵を突破して無血入城を果たし、事実上ベトナム戦争は終結した。現在は統一教会と呼ばれ、国賓を迎えるときや会議に使われるとき以外は、一般に公開されている。

住所
135 Nam Ky Khoi NghiaMAP
TEL
(028)38223652※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
ベトナムへの電話のかけ方をご参照ください。
開館時間
7:30~12:00/13:00~17:00(チケット窓口は7:30~11:00/13:00~16:00)
定休日
なし
料金
4万ドン、子供1万ドン、展示「ノロドム宮殿から独立宮殿」:4万ドン、子供1万ドン、統一会堂と展示のセット:6万5000ドン、子供1万5000ドン
日本語の音声ガイド:7万5000ドン
英語ガイド:1時間40万ドン
バギーに乗って庭を一周するツアー(約10分):1万ドン

ベトナムその他 文化と歴史がわかる観光

ベトナム統一会堂(独立宮殿)の口コミ

模様替えをした方が

★★★☆☆

戦争、特に勝利の記憶は残したい気持ちは分かります。戦争当時、弾圧者として悪人扱いした権力者の横暴さを示す展示を行いたい気持ちはふつーのことでしょう。でも、かつて南ベトナム政府の大統領府だったホーチミンの統一会堂を見たとき、もはやその役割は終わったのではないかと思いました。4階建ての「豪華」な建物の中には大統領の執務室や寝室、会議室、ビリヤード場などが展示されていました。しかし今となっては豪華さなどみじんも感じられないのです。中途半端な役所風建物といいますか。宿泊したマジェスティックホテルの方がはるかに豪華です。ベトナム戦争が終結して40年。若者たちにはまったくリアルに感じられないベトナム戦争の「遺跡」がこんな形で残っていてもインパクトはないように感じました。広島の原爆ドームとは違うのです。他の国なら、さっさと再利用を図っているのではないでしょうか。学校でも病院にもなりそうな、何でもない造りなのです。それと見学者にご注意。冷房が効いておらず日本人には暑いです。お昼の時間になると有無を言わせず追い出されます。政権が代わっても、お役所の建物なのです。

What's New

ホーチミンでWi-Fi使いませんか?

ベトナムホーチミンの観光情報

ホーチミン トップに戻る
ホーチミン トップに戻る ベトナムに戻る アジアに戻る