トップ > ヨーロッパ > イタリア > ローマ > トラヤヌスのマーケット

イタリアトラヤヌスのマーケットMercati Traiano

トラヤヌスのマーケット

A.ディ・ダマスコによって2世紀の初めに造られ、現在もかなりよく残っている遺跡のひとつ。正面はトラヤヌス帝のフォロのエクセドラに沿って半月形にカーブし、1階は11に区分されていた。2階は屋根付きの回廊式に、3階はテラスになっていて、商店や食べ物やなどが入っていたものと思われる。

住所
Via IV Novembre 94MAP
TEL
06-0608※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
イタリアへの電話のかけ方をご参照ください。
交通アクセス
ヴェネツィア広場から徒歩1分
開館時間
9:30~19:30(入場18:30まで)、12/24・12/31は~14:00
所要時間
20分
定休日
1/1、5/1、12/25
料金
€11.50(特別展の場合€14)

イタリアその他 古代ローマの遺跡

イタリアトラヤヌスのマーケットの口コミ

アフリカ系男性による腕輪恐喝

★☆☆☆☆

正確な場所はマニャナポリ通りの階段を下りたところです(座標: 41.8960978, 12.4851715、写真もご参照ください)。2019年9月1日の午後5時半ころ、まだ明るい時間帯にアフリカ系の若い男性が親切な雰囲気で話しかけてきました(英語で)。 日本好きだ、握手しよう、みたいな感じだったと思います。そこで握手してしまったのが間違いでした。そして、何もいらないからこれあげると言いながらで革の腕輪を私の腕につけてきました。今となってはなぜ拒否しなかったのか分かりませんが… その後仲良く?一緒に自撮りしたりハグしたりして私が去ろうとした時、再度握手を求められました。そこでお金を払って欲しい、give me some little big moneyと言われました(some little big moneyとはなかなか怖い表現ですね)。その瞬間、彼の手の力が急に強くなりました。彼は若く、筋肉質で背も高かった(私は170センチほどですので、180センチ以上あったでしょうか)ため、私は恐怖で足がすくんでしまいました。 さらに彼は周りに目をやり、友達は呼びたくないんだ、と続けました(黒人の男性が周りに数人、たむろしていました)。 これは払わないと逃れられないと思い、財布を取り出して10ユーロを払おうとしました。すると、No, THIS big moneyという言葉とともに彼の手が私の財布に伸び、ガバッと残りの紙幣をさらいました。私は驚きと恐怖とでその場を逃げるように階段の上の方へ走りました。少し距離が取れると追いかけてはきませんでしたが、この時私の頭の中は真っ白になっていました。 肉体的な被害を受けなかったことは幸運だったと思いますが、私は精神的なショックがかなり大きく、その晩はあまり寝つけませんでした。 ちなみに私は250ユーロほどを失いました。私の友人もたまたまそこを通った時に同様の被害に遭ったそうで、その時はお金を払え、さもなくばkill youとまで言われたようです。 私はアフリカへ行ったことがあり、現地の方々の暖かい歓迎を受けていたため、気の緩みがあったのかもしれません。 悪い人はどこにでもいるものです。何か話しかけてくる人がいたら目を合わせずに無視して通り過ぎましょう。ローマ滞在の間にこの通りを何度か確認したところ、毎回誰かが絡まれていましたので、この通りは避けた方が良いと思います。 皆さま旅がよりよいものになりますよう、ご参考いただけましたら幸いです。

What's New

ローマでWi-Fi使いませんか?

イタリアローマの観光情報

ローマ トップに戻る
ローマ トップに戻る イタリアに戻る ヨーロッパに戻る