トップ > ヨーロッパ > チェコ > プラハ > 聖ヴィート大聖堂

チェコ聖ヴィート大聖堂Katedrála sv. Vita(St. Vitus's Cathedral)

聖ヴィート大聖堂

豪華な内装に息を飲む プラハ城の中核を成す巨大な大聖堂。930年に造られたロトンダから始まり、14世紀のカレル4世の時代に改装工事が進められた。設計を担当したのは、ドイツのグミュントから呼び寄せられた若き天才ペトル・パルレーシュ。大聖堂は奥行き124m、幅60m、塔の高さは96.6m。地下には代々の王の墓が納められている。

開館時間
4~10月:月~土9:00~17:00、日12:00~17:00
11~3月:月~土9:00~16:00、日12:00~16:00
※入場は閉門20分前まで
定休日
無休
料金
●コースA:(聖ヴィート大聖堂、旧王宮、プラハ城についての展示、聖イジー教会、黄金小路、ダリボルカ、ロジュンベルク宮殿(王宮美術館の場合あり)
大人350Kč、子供・学生175Kč
●コースB:(聖ヴィート大聖堂、旧王宮、聖イジー教会、黄金小路、ダリボルカ)
大人250Kč、子供・学生125Kč
※カメラは50 Kč。フラッシュ、三脚の仕様は禁止

チェコその他 町を見下ろすプラハ城

チェコ聖ヴィート大聖堂の口コミ

チケットなしでも入口付近までは入れる

★★★★☆

プラハ城の中で一番人気のある建物で大混雑していました。チケットがなくても、建物の中には入ることが出来るため、もしかしたらチケットなしで訪れる人がいるのかもしれません。ミュシャのステンドグラ スの近くに改札があり、そこから先はチケットが必要でした。聖堂内をぐるりと一周してみましたが、混雑のため時間が掛かりましたし、人混みで写真も上手く撮れず残念でした。

What's New

プラハでWi-Fi使いませんか?

チェコプラハの観光情報

プラハ トップに戻る
プラハ トップに戻る チェコに戻る ヨーロッパに戻る