トップ > ヨーロッパ > スペイン > マドリード > トレド

スペイントレドToledo

トレド

画家エル・グレコが愛した古都 三方をタホ川に囲まれ、ギリシア生まれの画家エル・グレコが後半生を送った頃のたたずまいを今も残す町。1561年に首都がマドリードに移るまで、政治・経済の重要な拠点として繁栄し、「16世紀で歩みを止めた町」といわれる。560年に西ゴート王国の首都となったトレドは、711年から約400年にわたってイスラム教徒の支配下におかれた。1085年のアルフォンソ6世の再征服後も、1492年にカトリック両王によって追放されるまで、この地の経済を握っていたユダヤ人とともに多くのイスラム教徒が居残ったという。そのためキリスト、ユダヤ、イスラムの3つの文化なくして、この町は語れない。

交通アクセス
【列車】マドリッド・アトーチャ駅から高速列車Avantで約30分、€12.90、1日10~15便
【バス】マドリッドのエリプティカ広場バスターミナルからAlsa社のバスで約1時間~1時間30分、€5.55、毎時2~3便運航。

スペインその他 ショートトリップで行きたい町

スペイントレドの口コミ

ガイドさんと一緒がおすすめ

★★★★★

路地が入り組んでいて迷路のようで、迷子になったら出られなさそうな町です。(地図とか見るとびっくりする) よく、ツアーガイドに出ている全貌を見るのには、ちょっと離れた川向うの丘の上からとなり、個人で行くと結構大変だと思います。 マドリッドからの半日ツアーで行きました。 専用の15人ぐらい乗りバスに、乗客3名という、乗り心地の良さ。 車窓からの風景は「荒涼」どこまでも続く茶色の赤土大地を見ながら1時間ちょっと 「みゅう」を利用。 解説も丁寧で、ガイドのお姉さんは大ベテラン。大聖堂ほかさまざま細かくポイントを教えてくれます。

What's New

マドリードでWi-Fi使いませんか?

スペインマドリードの観光情報

マドリード トップに戻る
マドリード トップに戻る スペインに戻る ヨーロッパに戻る