トップ > ヨーロッパ > スペイン > マドリード > ティッセン・ボルネミッサ美術館

スペインティッセン・ボルネミッサ美術館Museo de Thyssen Bornemisza

ティッセン・ボルネミッサ美術館

世界有数の個人コレクション ビリャエルモサ宮殿を改装した館内に、ティッセン・ボルネミッサ男爵が親子2代にわたって収集した膨大なコレクションが公開されている。地上階はピカソ、ミロ、ダリ、をはじめとする19~20世紀のモダンアート。1階は17世紀オランダ絵画からセザンヌ、ルノアール、ゴッホといった印象派まで。そして2階では中世から18世紀までのイタリア、スペイン、フランス絵画などを観ることができる。また2004年には、男爵の妻カルメンのコレクションを展示する新館もオープン。西洋美術の流れを一度に鑑賞できる質、量ともに第一級の美術館だ。またミュージアムショップも充実しており、併設しているガーデンレストランではカフェから本格的な食事まで楽しめる。

住所
Paseo del Prado 8MAP
TEL
917-911-370※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
スペインへの電話のかけ方をご参照ください。
交通アクセス
【地下鉄】2号線バンコ・デ・エスパーニャ駅から徒歩5分
開館時間
月:12:00~16:00
火~日:10:00~19:00
※入場は閉館1時間前まで。12/24・31は~15:00
定休日
1/1、5/1、12/25
料金
€13、学生と65歳以上€9、月曜は無料

スペインその他 絶対に見逃せない美術館

スペインティッセン・ボルネミッサ美術館の口コミ

幅広いコレクション。

★★★★☆

時代や国、地域などを限定しない、幅広くコレクションされた作品たちだなと感じました。ルネサンス以前から、現代に近い時期までの作品。国もイタリア、フランドルやフランス、スペインやオランダなどなど。やはりハイライトでもあるカラヴァッジョやギルランダイオは素晴らしいなと思いました。その他にも、さまざまな、なかなか粒ぞろいの作品が多くあります。レンブラントやエルグレコ、ゴッホにデューラー、ヤンファンエイク。ピカソの有名な絵もありますし、リキテンシュタインやフランシスベーコン、印象派。ドゥッチオ辺りの時代のもの。私は、個人的にちょっと感動したのは、ジョージア・オキーフです。彼女の作品を、実は観るのは初めてでした。まさかスペインで観られるなんて思ってもいませんでした。パリで初めてフリーダ・カーロをみた時と同じような感動でした。パセオ・デル・アルテのチケットを購入するのは、おすすめです。各美術館でフリーの入場は可能でしょうが、やはりゆっくりみるにはチケットを購入したほうがよいのでは、と思います。

What's New

マドリードでWi-Fi使いませんか?

スペインマドリードの観光情報

マドリード トップに戻る
マドリード トップに戻る スペインに戻る ヨーロッパに戻る