トップ > ヨーロッパ > スペイン > マドリード > 王宮

スペイン王宮Palacio Real

王宮

モーロ人の要塞跡に建てられた フランスのヴェルサイユ宮殿で生まれ育ったブルボン王朝第1代の国王フェリペ5世は、1734年のクリスマスに焼失したハプスブルク王家の宮殿跡に、フランス・イタリア風の王宮建設を命じる。イタリアの建築家シュバラからサケッティ、サバティーニなどに受け継がれ、1764年に完成した。 150m四方の建物の中には2700を数える部屋があり、現在も公式行事に使われている。王宮内に入り大階段を上ると「護衛の間salón de Alabarderos」があり、「列柱の間Salón de Columnas」、ヴェルサイユ宮殿の鏡の間をまねて造られた「玉座の間Salón del Trono」と続く。カルロス3世の居室だった3つ続きの部屋は「ガスパリーニの間Salón de Gasparini」と呼ばれ、2番目の部屋にはゴヤの描いたカルロス4世とマリア・ルイサ妃の肖像画がある。このほか、部屋中が焼き物で飾られた「磁器の間Gabinete de Porcelana」、150人収容できるという「餐宴の食堂comedor de Gala」など、その豪華さに思わずため息が出てしまう。 王宮の向かいに建つアルムデナ大聖堂Catedral de Nuestra Señora de la Almudenaも見逃さないように。また王宮前の広場からは、王宮とマンサナーレス川に挟まれたカンポ・デル・モーロCampo del Moroと呼ばれる庭が一望できる。

住所
Pl. de OrienteMAP
TEL
914-548-700※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
スペインへの電話のかけ方をご参照ください。
交通アクセス
【地下鉄】2/5/R号線オペラ駅から徒歩5分
開館時間
4~9月 毎日:10:00~20:00
10~3月 毎日:10:00~18:00
※入場は閉館1時間前まで
定休日
1/1・6、5/1・15、10/12、11/9、12/24・25・31、このほか公式行事が行われるときも休館
料金
€13、学割€6(ガイド付きは別途€4)

スペインその他 マドリッド王宮

スペイン王宮の口コミ

王宮・マドリード

★★★★☆

王宮・マドリード(2012年12月31日) スペインがイスラム教に支配されていた時代 のなかで城塞があった場所にカトリック教のこの 地域のカスティーリャ王が奪還してここに王宮を つくりました。マドリードが首都となったときにあの ハプスブルク王家が居城としたのですがそのあと 焼失してしまい、ブルボン朝の国王フェリペ5世が ヴェルサイユ宮殿のような宮殿をつくることを命令 してこの王宮ができました。この王宮は実際のいま の国王、ファン・カルロス1世はここには住んでいない そうで、郊外にあるサルスエラ宮殿に住んでい ますが、スペイン国家の公式な行事になると使用 されています。

What's New

マドリードでWi-Fi使いませんか?

スペインマドリードの観光情報

マドリード トップに戻る
マドリード トップに戻る スペインに戻る ヨーロッパに戻る