トップ > ヨーロッパ > ウクライナ > リボフ

ウクライナリボフの旅行・観光ガイド

ウクライナで最もウクライナらしい町といえば、このリヴィウをおいてほかにはないだろう。ここでは文字どおり、ウクライナ語が公用語。ロシア語を聞く機会は滅多にない。あなたがロシア語を話せるとしても、一瞬のとまどいをもって迎えられることだろう。 それだけに、リヴィウは独立の気概が高い町。ウクライナ人のアイデンティティの支柱ともいえるウクライナ・カトリック(ユニエイト)の総本山を有し、その長い歴史を通して常に民族運動の牽引役を果たしてきた。 リヴィウは13世紀にルーシの一公国、ハリチ・ヴォリニの首都として発展し、以後ポーランド、ハプスブルグ帝国の支配下に入り、西ウクライナ地方の中心都市となった。第一次世界大戦後は再びポーランドに占領され、ソ連の一部となってロシアの影響が及ぶようになったのは、第二次世界大戦後になってからのことである。 同じくハプスブルグの遺産を受け継ぐ町クラクフやプラハに比べ、リヴィウを訪れる観光客はいまだに少ない。「埋もれた宝石」といわれるリヴィウを、発掘してみよう。

続きを読む

リボフの天気

1/19

1℃-4℃

1週間の天気・服装ガイドはこちら

ウクライナウクライナの最新記事

  • 新着
  • ニュース&レポート
  • 特派員ブログ
  • 旅行記・口コミ
  • 海外安全情報

What's New

ウクライナリボフに行くなら地球の歩き方

ウクライナに戻る ヨーロッパに戻る