トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン > 大英博物館

イギリス大英博物館British Museum

大英博物館

太古の昔にタイムトラベル 「大英」の名を冠するのにふさわしい博物館。
古今東西の文化遺産を集めたミュージアムとして、世界一の規模を誇る。世界中から年間なんと600万人以上の見学者が訪れる。まさにロンドン最大の観光スポット。なにしろ、時間的には旧石器時代から近代まで、空間的にはヨーロッパから中近東、アフリカ、西アジア、インド、中国、極東までを網羅しており、これだけの規模の博物館は、これから先、造られることはないだろうとまでいわれている。
この大英博物館創立のきっかけをつくったのは、サー・ハンス・スローンという人物。内科医であり、また考古学者、旅行家でもあった彼は、1753年に92歳で世を去るまでに膨大なコレクションを残した。化石類、植物、鉱物、動物学的・解剖学的・病理学的標本、さらには骨董品から絵画や版画、写本や印刷物、果ては貨幣にいたるまで、その数8万点に及んだという。そして、サー・ハンス・スローンの遺言により、適当な保管場所の設置と、彼の遺族に代価として2万ポンドを支払うことを条件に、これらのコレクションはすべて国に寄贈されることとなった。当時の英国議会は必要経費を捻出するために、今でいう宝くじを発行し、カンタベリー司教や下院議長、大法官などからなる財団が組織され、博物館の運営という一大プロジェクトが1753年にスタート。
スローン・コレクションに加え、それまでウェストミンスターの地下室で眠っていた、サー・ロバート・コットンの遺品(主として中世の写本のコレクション)、チューダー朝以来王室によって集められてきた約1万2000冊の書物、さらにオックスフォード伯エドワードが遺した古文書のコレクションを合わせて、大英博物館がオープンしたのは1759年のことだった。
当初、財団が購入したモンタギュー公爵の私邸(モンタギュー・ハウスとして名づけられた)で一般公開が始まった。しかし、考古学上の発見が相次ぎ、文化遺産が次々と発掘されるにつれて、このモンタギュー・ハウスでは展示しきれなくなってしまった。そこで1824年、ロバート・スマークの設計による大増築工事が行われ、約20年かけて現在見られるような建物となったというわけだ。だが、増える一方の蒐集品とかぎられたスペースという問題はその後もますます深刻化。19世紀後半から20世紀初頭、地球全土に植民地をもち、「日の沈む時なし」といわれた大英帝国の全盛期をむかえ、ついに展示の分散が始まった。自然史の分野はサウス・ケンジントンへ、新聞はコリンデールへ、といった具合に、新しい博物館を設立しては展示物を移転。その後本館も再度の増築が行われ、キング・エドワード・ギャラリーやグレートコートが新設されるなどした。また、1997年まで本館内にあった大英図書館もセント・パンクラス駅近くの独立した建物に移された。

住所
Great Russell St., WC1B 3DGMAP
TEL
7323-8000※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
イギリスへの電話のかけ方をご参照ください。
交通アクセス
【地下鉄】Tottenham Court Rd. / Goodge St. / Holborn / Russell Sq.
開館時間
毎日10:00~17:30(金~20:30、遅い時間は閉まる部屋もある)
グレートコート: 毎日9:00~18:00(金~20:30)
定休日
1/1、グッドフライデー、12/24~26
料金
無料(寄付金制。特別展は有料)
注釈
※入館前にセキュリティーチェックあり。 ※会館前のモーニングガイドツアー、9:00発、要予約(料金:£30)

イギリスその他 ロンドンの巨大ミュージアム

イギリス大英博物館の口コミ

思ったよりも小さめ!

★★★★☆

まず最初にびっくりしたのは警備のずさんさである。H&Mなどの店に入るのにも荷物チェックが必須のパリに直前までいた所為かもしれないが、荷物チェックが一切なく(あったけどやっていなかった)非常に驚いた。 そして「大英博物館」というのだからルーブル博物館並みの規模を想像していたのだが非常にこじんまりとしていた。よくいえば1日で全て見ることができる。 年代やジャンルごとに展示してあるので自分が気になるものだけじっくり見るのもよいし、全体的にサーっと見るのもよい。私はオーディオガイド無しで全体的にサーっと見て、気になるものだけじっくりと説明を読んだが2時間で見終えることができた。 まあ、無料であるし、ロゼッタストーンをひと目でも見に行ってはどうだろうか。

What's New

ロンドンでWi-Fi使いませんか?

イギリスロンドンの観光情報

ロンドン トップに戻る
ロンドン トップに戻る イギリスに戻る ヨーロッパに戻る