トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン > セント・ポール大聖堂

イギリスセント・ポール大聖堂St. Paul's Cathedral

セント・ポール大聖堂

記念碑を自分で建ててしまった?レンの傑作 地下鉄St. Paul's駅は、ちょうど寺院の裏側。目の前の白い大きな建物がセント・ポール大聖堂、なのに目印の青いドームが見当たらない。高さ約111m、幅約74m、奥行き約157mもある大建築なだけに、てっぺんのドームは近づきすぎると見えないというのがその理由。
木造だった旧セント・ポール大聖堂は、1666年のロンドン大火災ですっかり焼失してしまった。その後クリストファー・レンの設計で35年の工期を費やして完成したのが今の大聖堂。れんが造りの教会が多い中、この大聖堂のイタリア・ルネッサンス風の華やかなイメージが際立っている。ただし、ここは英国国教会の教会。カトリック教会ではない。
外観の印象そのままに、内部も壮大にして華麗。入り口を入ると、息をのむような美しさを誇る身廊、その北側にはラファエル前派のウィリアム・ホルマン・ハントの絵やヘンリー・ムーアの彫刻なども置かれ、歴史のなかに比較的新しいものを取り入れられている。
直径34mのドームの天井画も圧巻。天井をキャンバスに、ジェームズ・ソーンヒルによる見事な絵が施されている。よく見ると、なにやら虫のように動いているものに気づくはず。ドームはそこを一周できるギャラリーが設置され、誰でも上れるようになっているのだ。ここは「ないしょ話の回廊 Whispering Gallery」と呼ばれており、1981年にチャールズ皇太子と故ダイアナ妃が結婚式を挙げた祭壇や聖歌隊席を見下ろすことができる。ここがないしょ話の回廊といわれるのは、34mも離れた、ドームの反対側にいる人の話し声が、なぜか後ろの壁から聞こえてくることから。うそかホントか試してみて。
さらに頂上へと階段は続くが、これから先は大人ひとりが通るのがやっとというくらい幅が狭くなる。次に石の回廊Stone Galleryに着き、さらに30mほど上ると、ドームのてっぺんに付いている塔の付け根Golden Galleryに到着。どちらも外からロンドンを見渡せるようになっておりテムズ河に沿うロンドンの町が一望できる。
もうひとつの見どころは、地下の納骨堂。一番に目に留まるのは、ナポレオン戦争やトラファルガー海戦で活躍したネルソン提督Admiral Nelson、そしてワーテルローの戦いでナポレオンに勝利した指揮官ウェリントン公爵 1st Duke of Wellingtonの記念碑だろう。奥の礼拝堂の右側にはレンの墓もある。意外なほど質素。墓碑銘にはラテン語で「彼の記念碑を見たければ、周りを見よ」と刻まれている。つまり彼の最高傑作であるこの大聖堂自体が彼の記念碑というわけ。

住所
St. Paul's Churchyard, EC4M 8ADMAP
TEL
7246-8530※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
イギリスへの電話のかけ方をご参照ください。
交通アクセス
【地下鉄】St. Paul's
開館時間
月~土 9:30~16:15(最終入場。チケット発券~16:00)特別な催しがある場合は、全館または一部を予告なく閉鎖することもある
定休日
日(ミサのみなら無料入場可能。ドームや地下クリプトへの入場は不可)
料金
£20(オンライン£17)
注釈
※19年12月現在、ウィスパリングギャラリーは閉鎖中。再オープンは未定。
※規定以上(持ち手やポケットも含み56cm×45cm×25cmまで)のサイズの荷物は持ち込み禁止。荷物預かりはなし。
※無料の英語ガイドツアーあり:10:00、11:00、13:00、14:00発、所要約90分。到着時に受付で予約を。通常観光客が入れないエリアも見られる。オーディオマルチメディア(日本語あり)無料。

イギリスその他 イギリスの歴史を知るスポット

What's New

ロンドンでWi-Fi使いませんか?

イギリスロンドンの観光情報

ロンドン トップに戻る
ロンドン トップに戻る イギリスに戻る ヨーロッパに戻る