トップ > 中東 > トルコ > イスタンブール > ピエール・ロティのチャイハーネ

トルコピエール・ロティのチャイハーネPierre Loti Kahvesi(ピエール・ロティ・カフヴェスィ)

ピエール・ロティのチャイハーネ

19世紀末に活躍したフランス人の作家ピエール・ロティ(1850~1923)は、日本を含め各地を回ったが、なかでもイスタンブールをこよなく愛した。本名をルイ・マリー・ジュリアン・ヴィオーといい、ピエール・ロティはタヒチ滞在中に付けられた名前。
彼は「ラビア・カドゥン・カフヴェスィ Rabia Kadin Kahvesi」と呼ばれたこのチャイハーネに通っては、すばらしい景色を見ながら小説を書いていたという。いつしかこの店は「ピエール・ロティのチャイハーネ」と呼ばれるようになった。
ちなみに彼が当時書いていた小説は処女作となった『アジヤデ』で、日本語訳も出ている(工藤庸子訳、新書館)。

TEL
(0212)581 2696※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
トルコへの電話のかけ方をご参照ください。
交通アクセス
エユップからテレフェリッキ(ロープウエイ)で行くのが便利。
開館時間
8:00~23:00(冬期は時間短縮)
所要時間
30分
定休日
無休

トルコその他 金角湾周辺

What's New

イスタンブールでWi-Fi使いませんか?

トルコイスタンブールの観光情報

イスタンブール トップに戻る
イスタンブール トップに戻る トルコに戻る 中東に戻る