トップ > 中東 > トルコ > イスタンブール > 軍事博物館

トルコ軍事博物館Askeri Müzesi(アスケリ・ミュゼスィ)

軍事博物館

世界有数の規模を誇る軍事博物館。約5万点にのぼるといわれる収蔵品のうち約9000点が22の部屋に展示されている。弓矢、剣、軍装などの部屋に分かれているが、珍しいものとしては、入口近くにあるオルハン・ガーズィーの兜などがある。
また、毎日15:00から16:00の間に2回、陸軍所属の軍楽隊の演奏が奥のホール(夏期は庭のキャノンホール)で行われている。今見られる軍楽はオスマン朝の時代に発展したもので、軍楽隊により士気が上がる姿を見て、その効果に驚いた各国が軍楽隊の制度を取り入れたともいわれている。1回の演奏は15~20分。演奏の間には15分休憩があり、2回とも曲目が違う。

TEL
(0212)233 2720※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
トルコへの電話のかけ方をご参照ください。
開館時間
9:00~16:30
※軍楽隊のコンサートは15:00~15:40。毎日開催予定だが、行われない日もあり、海外公演時などはほとんど公演がない月もあるので電話で確認した方がよい
所要時間
2時間
定休日
月・火
料金
10TL(カメラ持ち込み20TL、ビデオカメラ持ち込み40TL)
注釈
※撮影、内部不可

トルコその他 新市街

トルコ軍事博物館の口コミ

かっこいい!オスマントルコ軍☆

★★★★★

この博物館では毎日15:00~16:00の間に2回、オスマントルコ軍楽隊の軍楽『メフテル』のコンサートが行われており、それが見ものとなっているのです☆ コンサートの時間を見計らって行かれるといいですが、敷地がかなり広くて展示物が沢山あることと、入り口からコンサートホールまで かなり歩かなければならないので、時間には余裕を持って行きましょう。 受付では簡単なセキュリティーチェックがあり、持ち物は受付に預けます。写真撮影する場合にはカメラ持込料金がかかります。 立地は新市街に位置し、タクシム広場からだと徒歩20分くらい。歩けなくもないですが、時間がなければ、タクシーやバスで。 展示物は、所狭しと軍事品の数々が・・あんまり興味のない方にはちょっと・・最初、全部同じに見えるかもしれません。 トプカプ宮殿の展示などと比べるとなんか地味。。 軍事博物館自体、ガイドブックでもやや地味めな存在。 でも!でも!!よ~くよ~くみると変わった武器がいっぱいあって凄い☆ どうやって使うのか不思議な形の銃とか金ぴかりんの防具とか、料理カバーみたいな形の兜とか・・興味ない方でも一見の価値はあります。 じっくり見るなら一日がかり。コンサートメインで、展示物も少しは見たいのならば13時くらいまでには着いて受付を済ましたほうがいいでしょうか。。 15:00からは軍楽隊のコンサート。途中、15分休憩が入ります。 かつて軍の士気を高め、敵を威嚇する役割を果たしたというオスマントルコが誇る軍楽隊の演奏の再現です。時間になると軍楽隊がオスマン時代の衣装で現れ、なにやら気合が入った感じ。武器を身に付けた戦闘準備中の再現の人もいます。 かけ声とともに演奏が始まると、トルコ人観客大喜び!見るとトルコ人の団体など学生の観客も多いようで、メフテルがトルコの音楽として根付いているんだなと感じました。 曲調は単調な感じもしますが、それがかえって不気味な感じもします。 メフテルの楽曲で有名なのが『ジェッディン・デデン』。 日本でも、ドラマ「阿修羅のごとく」(古っ!)やCMでも使用されたりしたお馴染みの曲。 こんな曲を戦いの時に勝手に演奏されたら、敵軍はさぞかしびびっただろうと思います。 トルコの伝統的な楽器で演奏され、やはり生演奏は臨場感があります。 博物館でメフテルのCDを販売していたので、思わず購入してしまいました♪ 軍楽隊は、夏場には敷地の中庭で演奏される事もあります。 また、トプカプ宮殿などに出張演奏に行くこともあるそうですが、 博物館の凄い武器なども見て、生演奏を聴くのがベストです!!

What's New

イスタンブールでWi-Fi使いませんか?

トルコイスタンブールの観光情報

イスタンブール トップに戻る
イスタンブール トップに戻る トルコに戻る 中東に戻る