トップ > 中東 > トルコ > イスタンブール > トプカプ宮殿

トルコトプカプ宮殿Topkapi Sarayi(トプカプ・サラユ)

トプカプ宮殿

3大陸を制したスルタンの栄華を今に伝える トプカプ宮殿は、マルマラ海を眼前に、ボスポラス海峡をも望む小高い丘に建てられている。15世紀の半ばから20世紀初頭にかけて、強大な権力をもっていたオスマン朝の支配者の居城として建設された。
金角湾を隔てた新市街側から眺めると、トプカプ宮殿が重要な位置に建てられていることが手に取るようにわかる。
3方を海に囲まれた丘の端、東西交易の接点であるボスポラス海峡をにらむように宮殿は建つ。そしてかつてここに大砲が設置されていたことからトプ(大砲)カプ(門)サライ(宮殿)と呼ばれるようになったという逸話がある。
1453年にイスタンブールを陥落させたメフメット2世は、1460年代に現在の位置にトプカプ宮殿を着工。その後、さまざまなスルタンが当時の建築様式に従って増築を重ね、現在のようなスタイルとなった。70万m2という広大な敷地をもつ宮殿は、それ自体ひとつの町となっており、1856年にドルマバフチェ宮殿ができるまで、ここはウィーン付近から黒海、アラビア半島、果ては北アフリカまでを支配したオスマン朝の中心地として栄えていた。敷地内には議会やスルタンの居室はもとより、側室の女性たちの部屋も備えたハレムもある。

TEL
(0212)512 0480※現地の電話番号になります。日本からおかけの場合は、
トルコへの電話のかけ方をご参照ください。
開館時間
夏期:9:00~18:45
冬期:9:00~16:45
※ハレムのみ~16:00
所要時間
3時間
定休日
料金
60TL、ハレム35TL、音声ガイド各20TL(借りる時にパスポートなどのIDを預ける)
※ハレムのチケットは宮殿内部で購入する
注釈
※宝物館など撮影不可、フラッシュ撮影は内部不可

トルコその他 スルタンアフメット地区

トルコトプカプ宮殿の口コミ

オスマン帝国最初の大規模宮殿

★★★★☆

 宮殿ということで、勝手に「ベルサイユ」や「シェーンブルン」のような華やかなイメージを考えていたので、建物自体は全体的に地味な印象を受けました。しかし、考えてみればベルサイユやシェーンブルンは17世紀末から18世紀にかけて建てられたもので、トプカプ宮殿が建てられた15世紀末とは200年近くの開きがあるので当然ですが。しかし、宝物館のダイヤ、ルビー、エメラルド等の宝石類や外壁のタイルなど見るべきものはあります。また、イフタリエ(東屋)からの金角湾や新市街の眺望はすばらしいです。  入場料は30トルコリラでチケット売場は、入口(表敬の門)より30mくらい手前にあるので、要注意です。

What's New

イスタンブールでWi-Fi使いませんか?

トルコイスタンブールの観光情報

イスタンブール トップに戻る
イスタンブール トップに戻る トルコに戻る 中東に戻る