キャンペーン

2020/05/13

ガイドブック表紙当てクイズ(4/7号)正解発表♪

2020/4/7 出題の「地球の歩き方ガイドブック」表紙当てクイズ、正解の発表です♪
guidebook_m.jpg

ちなみにヒントは
"6月後半から8月にかけて、国内各地で行われる夏の祭典ナーダム。メイン競技は相撲、競馬、弓競技などが行われ、騎馬民族の誇りをかけた熱き戦いに沸き立ちます。"


正解は地球の歩き方 ガイドブック D14 モンゴル 2020年~2021年版でした!

応募者は500名。うち正解者は432名(正解率98%)でした。
正解者の中から抽選で1名様に、QUOカード(500円分)をお送りさせていただきます。

今回もたくさんのコメントを頂きました。その中からいくつかご紹介します。

◆数年前に馬に乗って草原を駆けたくて行きましたが、とてもすばらしい所でした。(70代男性)

◆昨年モンゴルへ行ったときに、ガイドブックとても役立ちました!手伝うつもりで牛の乳搾りをさんざんやりましたが、下手なのであまり絞れず、残った乳を子牛が飲みすぎてお腹を壊してしまったことがあり、素人の乳搾りはある意味、子牛(子やぎなども含む)にとって危険なものであると知りました。また、日本の飴ちゃんのお土産を渡すと喜んでくれました。(30代女性)

◆ウランバートル出身の友達に誘われて一度訪れたことがあります。ゲルにも一度泊まらせてもらいました。遊牧民の生活を初めて体験して、自然と一体となる感覚を感じられました。(30代女性)

◆『大草原でゲルに泊まって満天の星を見る』のうたい文句に魅せられて行きました。ゲルのすぐ前までやってくる馬・羊・牛、はっきり見える天の川、想像以上に楽しくて、もう一度行きたいと願っています。(50代女性)

◆以前一人でモンゴルに乗馬をしにいったことがあります。一人で泊まったゲルには豆電気、ベット、机、クローゼット、暖炉しかなくテレビのない生活で夜は乗馬を一緒にした人達と星を見にいったり、読書をして過ごしました。乗馬経験がない人でも軽いレクチャーでいきなりスタート。日本ではありえないと思いました。馬で山を下りながら、いきなり草を食べられると手綱を引っ張られ前のめりになって落ちそうになったり、リアル道草を体験しました。(40代女性)

◆乗馬をしにモンゴルへ行きました!大自然の中、乗馬が満喫出来ます日本で乗馬をしている人はもちろん、そうでなくても馬に興味がある方はぜひ行ってください楽しめますよ(50代男性)

◆2年前に行きました。雄大な景色を眺めてゲルに宿泊、日中は乗馬で草原を走る。ランチは意外と旨いモンゴルうどん!最高の休日となりました。(50代男性)

◆夏にチャーター便利用のツアーで行きました。8月でしたが朝晩冷え込んだのを覚えています。(40代男性)

◆大学時代、遊牧民族へのホームステイを経験しました。満天の星空や、地平線に沈む夕日は一生忘れられない景色です。一人一頭「相棒」(馬)が割り当てられるのですが、乗馬翌日に全身筋肉痛になり、ヘロヘロになりながらお世話したのもいい思い出です。(30代女性)


たくさんのご応募・コメントありがとうございました!

公式メールマガジン「地球の歩き方WEB通信」にて「表紙当てクイズ」を毎月実施中☆
その他、毎号うれしいプレゼントキャンペーンをご案内!
メールマガジンのご登録がまだの方は⇒こちらからどうぞ

What's New一覧



















































新刊情報