キャンペーン

2019/06/10

ガイドブック表紙当てクイズ(5/14号)正解発表♪

2019/5/14 出題の「地球の歩き方ガイドブック」表紙当てクイズ、正解の発表です♪
guidebook_m.jpg

ちなみにヒントは
"世界屈指のワインの国として知られており、生産量はイタリア、フランスに次ぐ第3位です。なかでもリオハはこの国を代表するワインの産地として知られています。"


正解は地球の歩き方ガイドブック A20 スペイン 2019-20でした!

応募者は609名。うち正解者は591名(正解率97%)でした。
正解者の中から抽選で1名様に、QUOカード(500円分)をお送りさせていただきます。

今回もたくさんのコメントを頂きました。その中からいくつかご紹介します。

◆スペインには新婚旅行で行き、とても幸せな時間を過ごした思い出があります。特にバレンシアのトマト祭りに参加し、全身トマトまみれになったことが印象に残っています。最終日に行ったマドリードでは、たまたま現地で知ったサッカーW杯予選の試合を見ることもでき、旦那が興奮していました。食事もタパスやガスパチョなどどれも美味しく、心からもう一度行きたいと思える国でした。地球の歩き方は、学生の頃、海外留学していた際に出会った日本人から、旅行情報誌の中で一番情報量が多いと聞いてから、海外旅行する度に購入しています。持ち運びしやすいサイズも気に入っています。(20代女性)

◆バルセロナの想い出があります。ここに住む人達が大変親切だった事えお思い出します。もちろん食べ物もおいしい。(70代男性)

◆スペインは、二回行きました。二回とも息子が4.5歳の時にフリーの旅で、1度目はバルセロナを起点に、イビサ島とトレドとマドリッド、マラガ、を列車でまわりました。ワインと生ハムが安いので、毎日食べていたのを思い出してます。子供は、毎日よく歩いてくれました、1ユーロショップでシャボン玉を買い、よく飽きずに吹いていてくれてました。スペイン人は、日本人の子供がすごく可愛く見えるようで、行く先々で、美女やおばちゃんにキスされまくってました。海外旅行は、今までに、28か国に行き50回近く行きました。20代の頃から、地球の歩き方を頼りに毎回行く前に読みまくり現地でも、大活躍なのでいつもボロボロですがフリーの旅人にはやっぱり歩き方がいちばんの味方です。2度目は、バルセロナメインでモンペリエから南仏に行き、列車でまわりました。帰りはスイスに行き氷河特急にも乗り、マッターホルンの展望台に5時間もいました。(50代女性)

◆3年前に行きました。おいしい食事と陽気な人柄人に楽しい毎日でした。夕陽を浴びたトレドの街に感動したのを覚えています。(60代男性)

◆最初に行ったスペインでの思い出は、どこまでも続くひまわり畑とトレドの風景です。最初のスペイン旅行は何十年も前だったので、今のようにネットなどの環境がまだまだだったので、地球の歩き方を片手に歩き回ったものでした。(60代女性)

◆スペインにはサッカーが好きでカンプノウに行きました。右も左も分かりませんでしたがスタジアムでサッカーを見た後現地の人と飲んでその人の家に泊まり、次の日にその家族と観光地に行ったのはいい思い出です。(20代男性)

◆旦那と付き合って初めての旅行で、バルセロナにサッカー観戦に行きました!今度は息子と3人で旅行したいです!(20代女性)

◆サグラダファミリアが想像以上に壮大で素敵でした。街中で食べたパエリアが安くてとても美味しかったのを覚えています。(40代女性)

◆家内と旅行したが風光明媚だけでなく、芸術作品がとても良かった。(70代男性)


たくさんのご応募・コメントありがとうございました!

公式メールマガジン「地球の歩き方WEB通信」にて「表紙当てクイズ」を毎月実施中☆
その他、毎号うれしいプレゼントキャンペーンをご案内!
メールマガジンのご登録がまだの方は⇒こちらからどうぞ

What's New一覧



















































新刊情報