地球の歩き方

閉じる

ノルウェーの天気&服装ナビ

10月23日 12:00 更新

ノルウェーの気候

ノルウェーは世界地図のはるか北部に位置し、本土の北半分が北極圏。本土北方のスヴァルバール諸島およびビョルン島、西方のヤン・マイエン島を領有し、南半球では南極海のペーター1世島、ブーベ島がノルウェーの属領。東はロシア、フィンランド、スウェーデンと国境を接し、西は大西洋に面している。沿岸は北端のノールカップ岬から南端のリンデスネスまで直線距離で1750km。その海岸線はフィヨルドを入れて計測すると2万kmを超える。海岸地帯から内陸に入ると、天候の厳しい山脈地帯。北極圏では針葉樹が茂り美しい風景が広がる。
沿岸を流れるメキシコ湾流の影響を受け、緯度のわりには穏やかな気候。四季も比較的はっきりと分かれている。
北極圏はラップランドと呼ばれ、夏には太陽の沈まない白夜になり、また冬には太陽がまったく昇らなくなる時期も生ずる。

オスロと東京の月間降水量


オスロと東京の最高気温・最低気温




世界の天気&服装ナビ

おすすめ現地ツアー

ノルウェーを旅する

このページをシェアする

facebook twitter メール もっと見る
▲このページの先頭へ戻る