地球の歩き方

閉じる

ボリビアの天気&服装ナビ

12月14日 04:12 更新

ボリビアの気候

南米大陸のほぼ中央に位置する、海との出入口をもたない内陸国である。ブラジル、パラグアイ、アルゼンチン、チリ、ペルーと国境を接し、日本の約3倍にあたる約110万km2の国土の大部分はアンデス山脈とアマゾン熱帯地域が占める。
季節は大きく4~10月の乾期と11月の雨期に分かれている。
ボリビアの地理は、大別すると標高3000m以上のアルティプラーノ(高原地帯)、アンデス東麓のバリェ(渓谷地帯)、国土の約5分の3を占めるリャノ(東部平原地帯)の3つに分かれる。

■アルティプラーノ(高原地帯)
ボリビアの西部、ペルーやチリなどの隣国と国境を接する地帯にはアンデス山脈が西部山脈と東部山脈に分岐して走っており、この両山脈に囲まれた高原地帯をアルティプラーノという。古代から高度な文明が栄え、ラ・パスやポトシなどの主要都市を擁するアルティプラーノは、ボリビアで最も人口が集中する地域になっている。

■バリェ(渓谷地帯)
東部山脈の南東に位置し、氷河や河川によって削られて形成されたバリェには、スクレやコチャバンバなどの盆地が含まれる。バリェの北部は高温多湿な亜熱帯性気候に属しており、サトウキビやコカなど、さまざまな熱帯性作物の生産に適している。

■リャノ(東部平原地帯)
ボリビアの東部、国土の大部分を占める広大な平原地帯。地域によって差異があり、北部のアマゾン熱帯密林地帯と、南部のチャコ地方に大別される。チャコ地方とはサバンナ状を呈した乾燥地帯のこと。

ラ・パスの月別平均気温と降水量



検索でさがす

【STEP1】 情報を得たい都市を選択

【STEP2】 あなたが住んでいる日本の都市を選択

2都市間の比較のために使用します。現在住んでいる都市もしくは現住所に近い都市を選択してください。

 


世界の天気&服装ナビ

おすすめ現地ツアー

ボリビアを旅する