地球の歩き方

閉じる

ブルガリアの天気&服装ナビ

06月28日 12:00 更新

ブルガリアの気候

ブルガリアの気候は、全体的に大陸性気候といえる。ただし、国土のほぼ中央を東西に走るバルカン山脈(スタラ・プラニナ)を境に、北と南では同じ時期でも気温や雨量は大きく違ってくる。山脈以北は、冬は寒さが厳しく乾燥しやすいが夏は高温多湿になる。山脈以南は地中海性気候の影響を強く受けているため、温暖多湿で果樹やタバコの栽培に適した地が多い。
ブルガリアには日本と同様に春夏秋冬の四季があり、季節ごとに旅の楽しみがある。なかでもベストシーズンといわれているのは春から秋にかけて。特に5~6月には、ブルガリア最大のフェスティバル「バラ祭り」をはじめ、各都市でさまざまな催しが開かれる。黒海沿岸のリゾート地なら6~9月がベスト。スキーシーズンである冬は、寒さが厳しいうえに、交通が麻痺する可能性があるので余裕を持ったスケジュールをたてよう。服装は日本とほぼ同じでよいが、冬は道路が凍結することもあるので、滑りにくい靴を用意し、防寒対策も万全に。

ソフィアと東京の年間平均気温


ソフィアと東京の年間平均降水量




世界の天気&服装ナビ

おすすめ現地ツアー

ブルガリアを旅する

このページをシェアする

facebook twitter メール もっと見る
▲このページの先頭へ戻る